急性胃腸炎の治療法の疑問をまとめました!

fc8da1dd8c28ebae1ee53194c61f13c1_s

「下痢・嘔吐・発熱・腹痛」などの症状を伴う、誰にでも起こり得る急性胃腸炎の原因・症状別・対策について調べてみました。

辛い症状から一日でも早く回復したいと思う方も多いはずです。

日頃からの習慣からも急性胃腸炎は予防する事が可能ですので、どうぞご覧下さい。

Sponsored Links


急性胃腸炎の原因とは?子供は要注意って本当!?


急性胃腸炎の原因は「ウイルス」「細菌」「寄生虫」「アレルギー」「化学物質」「ストレス」などありますが、子供はそれらをうまく表現する事が出来ません。

「泣く」「不機嫌」「ぐったり」という事でしか訴えられませんので、周囲にいる大人が気付かないとなりません。子供を通して大人も同時に評価を受ける事になります。多少でも知識があると慌てずに対応できると思いますので、ご覧下さい。

急性胃腸炎の原因とは?子供は要注意って本当!?


急性胃腸炎の症状が軽いけど、違う種類の食中毒かも!?


急性胃腸炎とは主に感染性胃腸炎の事を言います。胃腸炎の中には症状は軽いが感染力が強いものや、劇的に発症するが症状が長引かない等、色々な特徴を持っています。冬場に流行するウイルス性胃腸炎と夏場に起きる食中毒をまとめてみましたので、ご覧下さい。

急性胃腸炎の症状が軽いけど、違う種類の食中毒かも!?


急性胃腸炎はストレスでなる!?入院することも!


ストレスが原因でなる胃腸炎の事を「ストレス性胃腸炎」と言います。
ストレスがかかり続けている状態を苦痛だと思っている期間は症状が良くなりません。どんなストレスが良くないのかを調べてみましたので、ご覧下さい。

急性胃腸炎はストレスでなる?入院することも!


急性胃腸炎の食事はいつから?食べるな危険!?


急性胃腸炎で「炎症」をおこしている間は、絶食にして胃腸を休める事がまず大事です。「炎症」を起こしている状態とは、下痢・嘔吐・発熱等の症状がある時を指します。

そのような時には食欲がわきませんし、本能的に体を休めようとします。ただ、いつまでも食べないわけにも行きませんから、開始の時期や食事の形態などをまとめてみましたので、ご覧ください。

急性胃腸炎の食事はいつから?食べるな危険!?

Sponsored Links



急性胃腸炎の熱は続く!子供は要注意です!?


子供は容易に熱を出しますし、意外と熱に強いものです。大人だと絶対に寝込んでしまう体温だったとしても、子供は遊んだりします。

熱が原因で命を落とす事はありませんが、何か体の中に病原菌が入り込み、戦っている状態である事に間違いはありませんので、「意味も無く、泣く」「いつになく不機嫌」「ぐったりして、虚ろ」という時には病院受診をして下さい。

急性胃腸炎に似た病気も調べましたので、ご覧下さい。


急性胃腸炎の熱は続く!子供は要注意です!?


急性胃腸炎の薬は市販では効かないって本当!?


病院受診するまでもないからと言い、薬局やドラックストアで済ませて帰ろうと考える方も多いと思いますので、急性胃腸炎の症状に効く薬・市販されている薬について調べてみました。ご覧下さい。

急性胃腸炎の薬は市販では効かないって本当!?


急性胃腸炎は潜伏期間でも感染するって本当!?


感染性胃腸炎の原因となるウイルスや細菌にはそれぞれの特徴があり潜伏期間にも、かなりのバラつきがあります。

病原菌がたくさん体内に入れてしまった方と少々しか入らなかった場合にも、かなりの時間差が出て来ます。そして感染性胃腸炎は潜伏期間でも感染するのか?ともて興味深い内容ですので、調べてみました。

急性胃腸炎は潜伏期間でも感染するって本当!?


お腹が痛い原因を厳選してまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ