日焼けのまだらを治す!3つのポイントはハズさない事!!

日焼け後にまだら模様になった!

出して歩くのが恥ずかしく早く治らないかなと思いますよね。
もし、顔にまだらができたら?っと考えただけでもゾッとします。

今回は、日焼けのまだらを治す!3つのポイントをハズさない事!!をご説明します。

目次

日焼けのまだら痕

日焼けのまだらを治すには?

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s

日焼けでまだらになっている肌は紫外線から強いダメージを受けています。
強い日焼けをしてしまったということですね。

基本的に、日焼け肌が回復してくればまだら模様も消えてくることがほとんどです。

日焼け後の肌ケアがポイント!

日焼け後の肌は炎症と乾燥が強く、肌が弱っている状態です。

この炎症と乾燥した肌をケアしてあげることで肌の回復が早まり、まだらやシミ防止になります。

日焼け後の肌ケアは3つがポイントになりますので見ていきましょう。

  1. 日焼け肌のケアはこの3つの順番で行うのが基本です。

    1. 冷やす      → 炎症を抑える
    2. 保湿       → 乾燥を潤す
    3. 水分の蒸発を防ぐ → 乾燥予防で肌の回復を促進
  2. 栄養
  3. 肌の回復には栄養も必須です。

    特にビタミンA・C・Eを摂ることで、
    老化・シミ予防・新陳代謝の促進の効果があります。
    美肌効果も期待できますよ。

  4. 睡眠 →  皮膚の回復を促進
  5. 肌が回復されるのは睡眠中になります。
    睡眠をしっかり摂ることで、成長ホルモンが分泌され肌の代謝を高めてくれます。

この3つケアをしっかり行うことで肌の回復力が高まります。

具体的なケア方法はこちらに詳しく書いています↓
美肌食材もしっかりチェックしてくださいね↓
日焼けのケア!おすすめはこの3つを絶対に外さないこと!

日焼けでまだらになる3つの原因

日焼けでまだらになる原因を知って繰り返さないようにしましょう!

まだらになる原因は3つです。

1.乾燥肌

乾燥肌は、紫外線からのダメージも受けやすく日焼けしやすいです。
部分的に乾燥している場合はまだら焼けになることがあります。

【イルコルポ ミネラルボディシャインジェル】

2.日焼け止めのムラ塗り

日焼け止めってムラ塗りになりやすいですよね。当然、日焼けもムラになります。
塗り方に問題があるんですね。

こちらを参考にしてください!
ポイントは、擦らず圧をかけながら塗り込みます↓

誰もがうらやむ美肌を作る方法教えちゃいます♪

3.強い日焼け

強い日焼けをした後に、
皮膚が白くまだら状になることを「海水浴後白斑(はくはん)」「炎症後白斑」と言います。

本来、日焼けをするとメラニン色素の働きで肌が黒くなりますが、強い紫外線の影響でメラニン色素の働きが停止してしまうことが原因になります。

時間とももに消えていくことが多いです。
子供に多い症状でもあります。

日焼けの赤みって何日間で戻るの?効果的な3つの対処法とは!?

最後に

日焼けでまだらが出ている場合は、皮膚が強いダメージを受けています。
まだらを治すには日焼け肌をしっかり回復させることが近道になります。

女性の場合は、顔にできたら大変ですよね。
日焼け止めのムラ塗りに注意してしっかり日焼け対策をしてください。

皮がむけてきているあなたはチェックしてください↓
日焼けで皮をむく!顔も含め絶対にしない方がいい2つの理由とは!?

オススメ!日焼けの症状でお困りのあなたはこちらでまとめてチェックできます↓
日焼けで痛い!対処法を厳選してまとめました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる