手足口病の下痢はいつまで続く?3つの注意事項とは!?

手足口病で下痢に?!

口は痛いし、ブツブツあるし、下痢までしているなんてかわいそうです。
適切な処置で早く治してあげたいですよね。

ただ、下痢をしている時は注意事項があります。

今回は、手足口病の下痢はいつまで続く?3つの注意事項とは!?をご説明します。

目次

手足口病の下痢

手足口病の下痢はいつまで?

55371f55583ce37527c0e46c622ebeef_s

手足口病で下痢が出ている場合は、2~5日程度で治まってきます。

4日すぎても続く場合は、
胃腸風邪の場合もありますので医師に相談してみてください。

※ネットの情報で、下痢が長引く原因は胃腸風邪だったというママさんがいました。

なぜ、手足口病で下痢になるのか?

140336

手足口病は原因は、ウイルスになります。

ですので、下痢をする原因もウイルスとなります。

下痢の状態は2つの事が体で起こっています。

  • 腸でウイルスが繁殖している
  • ウイルスを外へ排出している

下痢はウイルスを排出する体の防衛反応でもあるんですね。

手足口病のウイルスはこの2つ!

  • エンテロウイルス71
  • コクサッキーウイルスA16

これらのウイルスはこれらで繁殖します。

  • 呼吸器(喉など)

下痢なので腸で繁殖しているんですね。

下痢のウイルスがすべて排出される期間は?

137129cc8b19e1c3b3229d6114d8ba94_s

手足口病の症状が治まってくるのは、1週間ほどになります。
下痢はその期間の中で3日ほどですね。

ただし、症状が治まっても完治しているわけではありません。
ウイルスが体に残っている期間があります。

体からウイルスが排出される期間は、

  1. 呼吸器から → 1~2週間
  2. 便から   → 2~4週間

結構長いですよね。

この期間は他人にも感染する可能性があります。
特にママは注意してください!
手足口病は大人に感染する!仕事は行っても大丈夫?

手足口病で下痢!注意事項とは?

手足口病で下痢の時は、この2つに注意してください。

  1. 脱水症状
  2. 接触・糞口感染

それぞれ見てきましょう。

1.脱水症状

下痢をしている時は、脱水症状を一番に注意しなければなりません。

下痢での脱水を「塩分欠乏型脱水」と言います。

ウイルス排出のために、
水分と体液(ナトリウム・カリウムなど)が大量に失われます。

当然、水分補給が必須となります。

ただし、水での水分補給ではナトリウム・カリウムなどが足りません。

そこで、理想的な水分補給は、

経口補水液を飲む・飲ませてあげることです。

経口補水液とは?
下痢・嘔吐などの脱水時に一番適している水分になります。
水分・電解質・糖分が含まれ、体液を補ってくれます。
消費者庁による『特別用途食品個別評価型病者用食品』の表示許可を得ています。
要は、病気時の脱水に向いている飲料ということです。

経口補水液は常備しておくと安心ですね。

無い場合は、作れますよ!

経口補水液の作り方

  • 水  1リットル
  • 砂糖 40g
  • 塩  3g
  • お好みのジュース 100cc

これらを混ぜて、ペットボトルなどに入れれば完成です!

口が痛くても食べられるスープを紹介しています↓
手足口病の食事!1歳児で注意したい3つの事とは!?

2.接触・糞口感染

全てのウイルスが便から排出されるまで2~4週間ほどかかります。
その期間は他人に感染することがあります。

特に、オムツ交換は接触・糞口感染に注意が必要です。

  • 使い捨て手袋・マスクの使用
  • 排泄物・オムツはビニール袋で隔離して捨てる
  • 手洗い・消毒は入念に!

これらを徹底して家族感染を防ぎましょう!

最後に。下痢止め薬は要注意!

市販の下痢止めは自己判断での使用は避けましょう。

手足口病の下痢はウイルス感染ですので、ウイルスを排出しない限り治りません。

安易に下痢止めを使うことによって

  • ウイルスの増殖
  • 治りが遅れる

リスクがありますので注意しましょう。

あまりにも下痢がひどい・続く場合は、必ず医師に相談してください。

口内炎がひどくなっている場合はこちらを↓
手足口病の口内炎はいつまでに治る?痛い時の対策は?

手足口病の症状・食事・外出目安をまとめました↓
手足口病はいつまでうつる?厳選した情報をまとめました!

お腹が痛い原因を厳選してまとめました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる