虫刺されで青あざの原因は病気の可能性も!?

虫刺されの跡で、青あざができてしまうことってありませんか?

あれ?ぶつけたかな?
強く掻きすぎたのかな?

なんて思いますが、実は違ったんですね。

虫刺されが悪化するとある病気に発展する場合があるみたいです。

ここでは、虫刺されで青あざができてしまう原因と対処法についてご説明したいと思います。

Sponsored Links


虫刺されで青あざになる原因は?

a5017901e8e7d22ad7f1c564d7590b62_s

これは、皮膚が内出血を起きてしまっているために青あざになってしまっていることが考えられます。


普通、内出血といえば、打撲などの外傷によって起こってしまうことを連想しますが、虫刺されで内出血とは一体どういうことなのでしょうか?

虫刺されによって虫の体液が体の中に入ってくると、体はそれを異物として免疫機能が働き、排除しようとします。

これが過剰に作用するのがアレルギー反応です。


アレルギー反応によって血管が炎症を起こすことで、そこから血液が出してしまうことがあります。これが原因となって内出血してしまい、青あになってしまうのです。

アレルギー性紫斑病とは?


アレルギーが原因で内出血を起こし、紫斑が見られる「アレルギー性紫斑病」という疾患もあります。


子供に多い疾患


玉子や乳製品などの食物アレルギーをはじめ、蜂などによる虫刺され、ウイルス感染、薬剤などがアレルゲンになります。


2~10歳までの子どもに多い疾患なので、アレルギーのあるお子様は注意しておきましょう。

アレルギー性紫斑病の原因についてご説明します。


原因は?

虫アレルギーが起こる仕組みとは、蚊は相手に吸血するときに、相手に気付かれないように麻酔の役目を果たす「唾液」を注入します。


その唾液を異物と判断し体外へ出そうと「ヒスタミン」という痛みやかゆみの知覚神経を刺激する物質が放出され、白血球などの免疫細胞が働き始めます。

免疫細胞は血液の中で集まるため多くの血液が患部に流れます。そうすると血管が膨らんで腫れて赤くなるのです。


病院で検査できる


病院へ行くとアレルギー性紫斑病の検査をしてもらえます。

血小板の数や血液凝固の状態を確かめる検査で異常がなければ、アレルギーが原因の可能性が高いでしょう。アレルギー性紫斑病の人は、血液検査をすると免疫グロブリンが増加傾向にあります。

Sponsored Links



虫刺されのあざはどれくらいで治る?

d2c96213db672019c4665f9ab6fbbff9_s

たいていの場合は、1か月程度で治ってしまうようですが、発症するまでに数週間かかってしまうこともあるようなので、その場合には虫刺されとの関連がわかりにくいです。

アレルギー性紫斑病の場合は


しかしアレルギー性紫斑病による内出血や紫斑が起こるのは、アレルゲンとの接触から数週間後の場合もあります。急に出血斑が出現し、数ヶ月にわたって繰り返し内出血が起こることも。


ただし、ほとんどのケースは1ヶ月程度で自然治癒します。


リンパ菅炎やリンパ節炎の場合は

噛まれた部位によっては、一ヶ月以上引かなままの場合も。その状態を放置していると症状が悪化し、リンパ菅炎やリンパ節炎を引き起こす恐れがあります。


ほかの症状としては、関節痛や腹痛、嘔吐をともなう人もいるでしょう。腎炎を併発する可能性もあり、その場合は安静が必要で、治癒まで時間がかかります。

虫刺されで青あざの対処法は?


  1. 虫の毒素を取り除く

  2. 噛まれた直後は指で噛まれた部分を絞るようにして、虫の毒素を取り除くようにする。可能であれば、ポイズンリムーバーを用いて毒素を取り除くのが理想的です。これが内出血を抑えるうえでも効果的です。


  3. 消毒する

  4. ブヨに噛まれた後は、普通の傷と同じように消毒する必要があります。噛まれた傷なので、きちんと消毒しないと化膿する恐れがありますので、要注意です。


  5. 冷やす

  6. 内出血してしまう時には、患部を冷やしておくようにしましょう。痒みがある程度抑えられるという効果もあります。

  7. 虫刺され用のかゆみ止め薬などを使用するようにしましょう。

Sponsored Links



病院へ行ったほうがいい?

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

ブヨに噛まれた場合、たかが虫刺され、と思わずに、なるべく早く皮膚科に受診した方が良いでしょう。

症状によって、ステロイドの塗り薬やプロトピック軟膏、ステロイド内服、抗ヒスタミン剤などの内服薬や塗り薬が処方されます。もし受診せずに放置しておくと、他の病気に発展する可能性もありますので、要注意です。


発展する恐れがある病気について


①結節性しっしん

ブヨに噛まれた箇所を放っておいた場合、水ぶくれになることがあります。何度も同じ場所に水ぶくれができてしまう場合は要注意です。
その水ぶくれの下で患部が化膿し、「結節性しっしん」を引き起こしてしまいます。


一度結節性しっしんになってしまうと、なかなか完治するのは難しく、何年も腫れが引かなくなる事もあるので、注意しましょう。

②蚊、ブヨアレルギー

一度ブヨに噛まれたてしまった人は、ブヨだけでなく、蚊アレルギーを併発している場合もあります。

一度アレルギーになってしまうと、虫刺されが重症化する恐れがありますので、必ず皮膚科を受診しましょう。

③リンパ菅炎、リンパ節炎

噛まれた部位によっては、一ヶ月以上腫れが引かなままの場合もあります。その状態を放置していると症状が悪化し、リンパ菅炎やリンパ節炎を引き起こす恐れがあるようです。


ひどい人では、呼吸困難を引き起こし、重篤状態に陥ってしまう場合もあるようなので、たかが虫刺され、と放っておかずに、必ず皮膚科を受診しましょう。

最後に・・・


虫やブヨに噛まれた跡を放置していると、青あざだけではなく、「アレルギー性紫斑病」や「結節性しっしん」や「蚊、ブヨアレルギー」や「リンパ菅炎、リンパ節炎」などの怖い病気にかかってしまうことが分かりましたね。

もしも虫やブヨに噛まれてしまったら、しかるべき応急処置をして、なるべく早く皮膚科を受診することが、大切です。


虫刺されをを早く治したいあなたはこちらをチェック↓
虫刺されの治し方を厳選してまとめました!


体が痛い・だるいあなたはこちら↓
症状・対策などまとめてチェックできます↓
体が痛い・だるい原因を厳選してまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ