虫刺されで赤い斑点が出る3つの理由とは?

虫刺されで赤い斑点が!蚊なのか?ダニ?ノミ?

どれも赤く斑点になる気がしますが、どうでしょうか?

虫の種類によって症状の出方も違いますので、代表的な虫を調べてみました。虫刺されって虫が特定できなことが多いので症状で判断するみたいです。

ここでは虫刺されで赤い斑点がでる3つの理由「ダニ、蚊、ノミ」による症状の違いと対処法をご説明したいと思います。

Sponsored Links


虫刺されで赤い斑点が出る代表的な虫!

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

虫刺されで赤斑点ができる代表的な虫は3つです!

  1. ダニ
  2. ノミ
それぞれ見ていきましょう。

・蚊について

433331

人を刺す蚊は一般的に、黒と白の縞模様があるやぶ蚊とよばれる「ヒトスジシマカ」と赤い色をした「アカイエカ」と呼ばれる種類がほとんどす。

蚊は通常は果物や花の蜜蚊、樹液を吸って生息していますが、産卵期のメスはタンパク質を摂取するためにヒトや哺乳類や鳥類から吸血します。

・ダニについて

241392
ダニによる虫刺されの被害が特に多いのは「家ダニ」です。家ダニは室内に生息し、ネズミに寄生し吸血します。

体長は約0.7mm程度で、吸血で体が丸くふくらみ、色が赤黒くなります。


家ダニは、一度ヒトにとりついて、吸血をすると、約7日間から10日間程度寄生しつづけ血を吸い続け、体長が1cm以上にまでふくれます。

また、家ダニは人間が寝ている間に吸血する特性があるため、刺されている時に気が付くことは難しいです。


ダニに噛まれた跡が消えない!対処法でダメな事とは?


・ノミについて

241394

ノミは脚を中心に刺されます。また膝よりも下の箇所を刺されます。刺された箇所は赤い斑点が集中して発生しているという特徴があります。

これは、ノミが30センチメートル近くジャンプできる力を持っており、そのため被害が膝より下の箇所に集中します。

また、吸血する箇所が一か所ではなく、何か所も吸血する特徴があり、刺された箇所は赤い斑点が集中します。

基本的にノミによる被害は猫に寄生しているノミからが圧倒的に多く「ネコノミ」と言われています。

Sponsored Links



各虫刺されの症状は?

a5017901e8e7d22ad7f1c564d7590b62_s

蚊、ダニ、ノミに刺された場合の共通点は「かゆい」ということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ