溶連菌感染症の大人の症状とは?重症化するの!?

溶連菌は子供がかかる感染症と思われるかと思いますが、年齢は関係なく大人も感染する細菌感染の一種です。

普通の風邪とは違いさまざまな合併症が存在します。抗生剤による適切な治療を受けないと腎臓や心臓などの合併症をおこしたりしますので注意すべき病気です。

今回は、大人の溶連菌感染症について詳しくご説明していきたいと思います。

Sponsored Links


溶連菌感染症は大人もかかるの?

22553b9a00ac91fd7e7787d526379752_s

そもそも大人は免疫力があるため溶連菌感染症の特徴的な症状はあまりあらわれません。

そのため主に幼児や子供などによくみられる感染症と言われています。

しかし大人でも免疫力が低下していれば感染して発症する恐れがあるので、家庭内で感染者が出た場合は感染に気をつけなくてはいけません。特に妊婦の方は要注意です。

溶連菌感染症の大人の症状


  • のどの痛み
  • 高熱
  • 発疹
  • 頭痛

子供の溶連菌感染症の症状と比べ、大人の場合は比較的症状が軽いケースが多いようです。

風邪であればそのまま放置してもよいレベルですが、溶連菌感染症は抗生物質による正しい治療を行わないと治癒が遅れ合併症を発症する恐れがあります。


溶連菌で合併症の危険性
5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s

  • とびひ…接触でうつり、あっという間に全身に膿が拡大する。
  • 壊死性筋膜炎…細胞を壊死させてしまう病気
  • 惺紅熱…口のまわり以外の全身にできる発疹。酷いと腎盂炎や髄膜炎になることも。
  • リウマチ熱…発熱・多関節炎や心炎、不随意運動体や皮下結節など身体に炎症を及ぼす。

風邪だと思って風邪薬を飲んでいると溶連菌感染症による症状が隠されていることがあるので、治ったと勘違いしてしまうこともあるようです。

周りで溶連菌感染症に感染しているひとがいたり、流行している場合は自己判断せず病院へ行って診察してもらうことをお勧めします。

Sponsored Links



溶連菌で大人の症状は子供と違う?


子供の症状

  • 発熱

  • 2~5日の潜伏期間の後、突然39℃前後の高熱が出ます。他に症状もなくただ発熱するということは少なく、多くの場合のどの痛みを伴います。

  • 咽頭発赤、咽頭痛…咽頭炎や扁桃腺炎、のどが赤くなり真っ赤に腫れ上がる。白い膿も付着することも。

  • イチゴ舌

  • 舌に赤いブツブツができイチゴのように見える。川崎病でもできることがあるので注意。

  • 皮膚症状

  • 発熱と全身の赤い皮疹がでる猩紅熱という症状。全身が日焼けしたように赤くなることも。

大人は免疫力が高いので風邪と間違ったまま、数日で症状が鎮静化する場合がありますが、溶連菌はペニシリン系の抗生物質を10日服用しないと完全にいなくなりません。


自己判断で病院に行かず放置したり、抗生物質を3日あたりでやめてしまうと、溶連菌が完全に死滅せず何度も繰り返す原因になりますので、きちんと抗生物質を飲みきって完全に治しましょう!

溶連菌で家族との接触はどうしたらいい?

588d14668d9351ccbc1e3a303064e664_s
溶連菌は咳やくしゃみなどの飛沫感染によってうつります。潜伏期間は2~5日程度。

インフルエンザほど感染しやすい菌ではないのですが、家族間での感染はしやすいです。

家族で誰かが感染した時は、同じ食器を使わない、手洗いやうがいをしっかりする、マスクをするなどして予防をしましょう。

家族全員がペニシリン系の抗生物質を4日間ほど飲むことで予防するという方法もあるそうです。

姉妹兄弟は最も感染しやすくその両親も感染します。

溶連菌の感染率は兄弟間で50%、親子間では20%との統計もあるくらいです。

溶連菌の薬で副作用があるのは4種類もある!?

溶連菌で仕事は行っても大丈夫?


溶連菌感染症は風邪よりも重い症状になりますので、学校や会社は休むことになりますが、すぐに回復した場合はどうすればいいのか悩む方も多いです。

溶連菌感染症は飛沫感染ですので、他の人に移さないためにも感染後の2~3日は会社を休むのが基本です。

症状が良くなっても1度は病院に行って専門医の許可が出てから出勤するようにしましょう。


溶連菌を早く治したいあなたはこちらへ↓
症状別をまとめてチェックできます↓
溶連菌を症状別に厳選してまとめました!


湿疹やブツブツの原因や対処法をまとめてチェックできます。
早く治したいあなたはこちらへ↓
湿疹の治し方を症状別にまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ