白目に黒い点ができる原因とは?ほくろとは違う!?

白目に黒い点のようなものが・・。

充血とも違う感じですが何でしょうか?目にほくろってできるのでしょうか?

目はデリケートな部分ですので心配にもなりますよね。

今回は、白目に黒い点ができる原因についてご説明します。

目次

白目に黒い点ができる原因とは?

白目に黒い点ができる原因は【結膜母斑】の可能性があります。

1.結膜母斑
2.瞼裂斑
3.結膜腫瘍

結膜母斑に似た症状を持つほかの病気と一緒にみていきましょう。

結膜母斑

原因

結膜母斑は、眼球の白目の部分にできる眼球のシミのようなものです。

肌にできるシミやほくろのように、紫外線・加齢・体質などが原因と言われています。

目をこするなどの物理的刺激・目の酷使も発生リスクを高めるようです。

症状

・眼球のシミ(大きさ数mm)

平らなことがほとんどですが、稀にホクロのように盛り上がる。
盛り上がると、瞬きするときにゴロゴロする違和感あり

何科?治療法は

病気ではないので基本的には治療の必要はありません。

見た目が気になる場合など治療する場合は、レーザー治療や手術をしますが、基本的には健康保険適応外になります。

また高い技術を求められる治療になります。

レーザー治療の一時的な副作用として、飛蚊症(視界に蚊が飛んでいるように黒い点が見える症状)が起こることがあります。

自分での対処

・目に強い紫外線を浴びない対策をする(サングラス・紫外線カットレンズの眼鏡の着用など)

・コンタクトレンズは目に優しい素材の物を選び、長時間の使用を避ける
(ハードレンズよりソフトレンズのほうが刺激が少ない場合が多いようです)

・目を強く擦らないよう心がける

・目の疲れ・目の充血を予防する

結膜母斑の注意点

色素沈着が強い場合や盛り上がりが強い場合は、稀に緑内障や眼底疾患などの合併症が起こることがあるので、一度検査を受けるとよいかもしれません。

結膜母斑に似た症状を持つほかの病気

「白目に黒い点ができる」症状とは違いますが、結膜母斑に似た症状を持つほかの病気と一緒にみていきましょう。

瞼裂斑

概要

瞼裂斑は眼球の結膜が分厚く盛り上がる黄色いシミです。

コンタクトレンズの使用(ハードコンタクトレンズの方がリスクが高い)・紫外線などの目への負担で、結膜が部分的に厚くなった状態です。例えて言えば、足の踵の角質化や手のペンだこのようなものです。

鼻側の白目にできやすい傾向がありますが、耳側にもできます。

炎症を起こしたときは「眼裂斑炎」と呼ばれ、治療が必要となります。

症状

白目に盛り上がった黄色いシミができる

何科?治療法は

眼裂斑があっても炎症がなければ、特に治療の必要はありません。

眼裂斑炎は眼科を受診し、抗アレルギー剤や消炎剤などの点眼で治療します。

眼裂斑炎の治療は健康保険適応になります。

自分での対処

・目に強い紫外線を浴びない対策をする(サングラス・紫外線カットレンズの眼鏡の着用など)

・コンタクトレンズは、目に優しい素材の物を選び、長時間の使用を避ける
(ハードレンズよりソフトレンズのほうが刺激が少ない場合が多いようです)

・目を強く擦らないよう心がける

・目の疲れ・目の充血を予防する

瞼裂斑の注意点

瞼裂斑と似た症状を示す結膜腫瘍もあります。結膜腫瘍には悪性と良性がありますが、治療が必要な病気です。自分で判断がつかない場合は眼科受診しましょう。

結膜腫瘍

概要

結膜腫瘍は名前の通り結膜にできる腫瘍で、良性の物と悪性の物があります。

腫瘍の種類によって盛り上がっている物・結膜の下に透けて見える物、赤いもの・黒いものなどさまざまです。

良性か悪性かの確定診断には病理検査が必要な場合があります。

症状(腫瘍の種類によって違います)

・赤い物・黒いもの

・盛り上がっている物・結膜の下に透けて見える物

何科?治療法は

眼科を受診します。診断には病理検査が必要な場合があります。

治療は手術になります。局所麻酔で片目約20分です。

結膜腫瘍の注意点

結膜腫瘍を疑う症状がある場合は早めに病院受診しましょう。

ネット上で白目に黒い点ができた人の声

〇私は白目のところに、白い点がいくつかあります。

しかしながら、私は、コンタクトを使用しており、目の検査をしていただくのですが、「異常なし」と言われます。

いろいろ調べた結果、これは白目にできたホクロかなと思うようになったのですが、皆さんも白目に黒い点がありますか?これについて心配することはないですよね?

まだ成人していないのですが、ほうっておいたらマズいですかね?

●お返事

〇相談者の方の症状を文面から拝見したところでは、結膜母斑の症状に似ているなと思いました。

相談者の方がおっしゃる通り、結膜母斑は白目のホクロのようなものです。

コンタクトレンズを使用していたり、紫外線を多く浴びたりすることで発症しやすくなります。

白目の黒い点は、いつ頃からあるかわかりますか?結膜母斑なら、放置していても大丈夫ですが、結膜腫瘍でも、似た症状の物があるようなので、ご心配なら一度眼科受診することをおすすめします。

私なら、結膜母斑かどうか自分で判断がつかないときは、眼科受診し、医師に相談します。医師に異常なしと言われたときは、白目の黒い点は「結膜母斑」なのか、別の物なのかということも確認します。

異状ないということがはっきりして、安心できるといいですね。

「最後に」

白目に黒い点ができる原因は2つあることがよく分かりましたね。

白目に黒い点ができる症状を治すためには

・病院を受診して、診断と必要な検査・治療を受ける。

・目に強い紫外線を浴びる機会を減らす(炎天下の外出時は、サングラス・紫外線カット効果のある眼鏡を着用する)

・コンタクトレンズは目に優しい素材の物を選ぶ

・目を強く擦らないように心がける

以上のことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる