インフルエンザの咳が止まらない!解熱後も続くのはなぜ?

インフルエンザで咳が止まらないのは非常に辛い症状と言えます。1回の咳で2キロカロリー消費するという話もあります。

そんなひどい咳が長く続いたら、体力消耗し治る病気も治りません。

家族や周りの人にうつす前に早く治したいものですね。

今回は、インフルエンザの咳が止まらない!解熱後も続くのはなぜ?について紹介します。

目次

インフルエンザで咳が出る原因は?

f37aa5a6ec09e96c19881da2eb2a6c0e_s

咳の原因としては、インフルエンザウイルスをこれ以上侵入させない様にする為の反射です。

咳自体は体の反応として正常で、別に悪いものではありません。
体の防衛反応になります。

インフルエンザの咳は風邪とは違う?

インフルエンザだから咳が酷いとか、風邪だから咳が軽いとかはありません。

気管支が元々弱い方や、喘息持ち、アレルギー体質の方は、

何も持病がない方と比べると咳の出方はひどいの場合が多々あります。

風邪を引いたら「必ず咳がつく」という人がいますので、個人の体質などが影響していると私は勝手に思っています。

咳が止まらない・ひどい場合の対処法は?

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

咳が止まらず、夜も眠れない様であれば、咳止めは服用した方が良いでしょう。

インフルエンザに感染した場合、
かなりの体力を消耗しますので、更に咳が出て安静や睡眠による休息が取れない時には、病状を長引かせる事になります。

何事もほどほどの所で判断しなければなりません。

インフルエンザで咳がひどい時の対処法

・マスクを着用し口腔・鼻腔内を保湿する

・加湿器を使用し、湿度を保つ

・温かい飲み物を飲む(あまり熱すぎると「フーフー」し過ぎて余計咳が出ます)
※「蜂蜜を入れるとなお良し」と言っている所もありますが、アレルギーの方もいるので要注意です。

・薬を服用する(咳止め・去痰剤等)

・可能であれば、やや頭側を少し高くして横になる。

以上のような対応するだけで、咳の出方が違って来ます。

万全に環境を整えるとそれだけで精神的にも「これだけしたから、大丈夫」という気持ちになって来ます。
「病は気から」ですから。

ただ、あまりひどい咳は環境を整えるだけで止める事は難しいです。

そして、何よりも他の疾患が隠れている事がありまるので、注意が必要です。

インフルエンザの咳が悪化するとどうなる?

気管支や肺に炎症を起こしたり、咳喘息の引き金になる恐れがあります。

何といっても長引く咳で体力を消耗し、免疫力も低下していますから、他の感染症違う型のインフルエンザに感染する危険性はかなり高くなるのではないかと想像します。

咳が長引く疾患

咳が長引く場合、以下の病気が発症しているかもしれません。

・肺炎
・喘息
・結核
・肺がん
・逆流性食道炎
・マイコプラズマ肺炎
・百日咳

「あれ?おかしいな?」と思った時には、病院受診をして下さい。

インフルエンザで咳がでないこともある?

5e609210c623b8477c989a12f4def1c0_s

インフルエンザで咳が全く出ないで回復する事もあります。

咳や鼻水が必ず出るとは限りません。

発熱だけであったり、何となく体が重だるい(倦怠感)だけで症状が出ない事もあります。

これは、個人の持っている体力や栄養状態、ワクチン接種済みなどの色々な要素で違いが出ます。

インフルエンザが治ったけど、咳が続くのは何で?

咳がつくと意外と長引きます。

気管支が咳により過敏になってしまった結果、少しの刺激にでも咳反射が出やすくなります。

気管支は炎症を繰り返す事で、段々と治りずらくなり、冷たい空気や、煙などのちょっとした刺激にも反応する様になってしまします。

インフルエンザは発症から5日程度で回復しますが、咳だけはその後も残ってしまう場合がありますので、1週間以上続くしつこい咳は放置せずに病院受診をしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる