足の指の間に水ぶくれ!?かゆいのは病気の可能性も?

足の指の水ぶくれの原因とは?


足の指の水ぶくれの原因はこの3つの可能性があります。

1.靴擦れ
2.水虫
3.掌せき膿疱症(しょせきのうほうしょう)
 

それぞれ見ていきましょう。

Sponsored Links



靴擦れ


概要
靴擦れで足の指の水ぶくれができる原因

靴擦れによる皮膚の刺激から、水ぶくれができて、痛みを伴うことがあります。

靴の形やサイズが、自分の足に合っているかどうかを確かめましょう。

合っていないようなら、自分の足に合った靴へ変えましょう。


靴のサイズに無理に自分の足を合わせていると、外反母趾などの原因にもなります。

患部は、水洗いなどで清潔に、感染を防ぎます。

水ぶくれがひどい場合や出血している時は、ガーゼなどで保護して、物理的な刺激を避けましょう。
 

水虫


概要
水虫で足の指の水ぶくれができる原因
 
水虫は、白癬菌による皮膚の感染症です。感染後、足蒸れなどの高温多湿の条件の下で発症します。

足の指に発症した場合は、水ぶくれができ、かゆみを伴うことが多いです。



症状 
 
・足の指の水ぶくれ
・かゆみ
・かかとの角質が肥厚する


何科?治療法は 

皮膚科を受診し、白癬菌に感染しているか調べてもらうことで診断がつきます。白癬菌に効果のある塗り薬などで治療します。    


自分での対処 

・足蒸れを防ぐ
(毎日清潔な靴下を履く、綿・絹など通気性の良い素材の靴下を選ぶ、2足以上靴を用意して交互に履く)

・バスマット・タオル・スリッパなどを共用しない

・足を洗うとき、指の間も丁寧に洗い、清潔にする  
 

水虫の注意点

水虫は、中途半端に治療をやめると再発するので、病院で完治するまで治療することをおすすめします。

梅雨時や夏場は特に足が蒸れやすく、プールの利用などで感染しやすい状況にあるので、特に注意が必要です。

Sponsored Links




掌せき膿疱症(しょせきのうほうしょう)


概要
掌せき膿疱症で足の指の水ぶくれができる原因 

掌せき膿疱症は、掌(手のひら)や足の裏や指に、水疱が繰り返しできる病気です。

膿を持った発疹のように見える水疱が特徴です。

原因はよくわかっていませんが、感染症ではないので、人にうつることはありません。


症状 
 
・膿を持った水疱
(発疹のように見える。足の裏や足の指・手のひらなどに好発する)

・かゆみ


何科?治療法は 

皮膚科を受診します。

繰り返し再発する特徴があるので、市販薬を使うより、早めに病院受診することをおすすめします。    
    

ネット上で足の指の水ぶくれができた人の声


〇足の裏に水ぶくれができ、1枚目が破れ、2枚目ができ、2枚目も破れ、3枚目が今あります。

指、指の間、指の下など数か所。

水ぶくれができる1ヶ月前に普段より凄く歩いて(いつも水ぶくれができるくらいの距離)、

その時足の裏が凄くかゆかったんです。その時、冬だったせいでブーツやスリッパなどで蒸れて、汗かいてかゆいのかなと思いました。

その1か月後に水ぶくれができて、皮がむけました。

かゆみはまったくなくなり、赤みなどの症状もなく、水ぶくれだけです。

ネットで調べるとあせもや水虫など出てきて、かゆみがあるのが水虫と書いてあって心配になりました。

ホテルを利用していて裸足で歩きまわっていたのでそのせいで水虫になってしまったのでしょうか?

心配でたまりません。


●お返事

〇水虫ではないかと心配なのですね。掌せき膿疱症(しょせきのうほうしょう)という感染症では無い皮膚病の症状にも似ていますが、文面から拝見した状況から、水虫も考えられると思います。

水虫は、皮膚科で少し皮膚を削って、白癬菌がいるかどうか顕微鏡で調べてもらわないと診断がつかないですし、早めに治療をした方が、予後もいいかと思います。

まだ水ぶくれがあり、心配なのであれば病院受診されてはいかがでしょうか?

私なら、皮膚科を受診して調べてもらいます。

診断に応じて必要な治療を受けます。水虫の場合は、市販薬を使わず、病院の薬で継続治療して完治させます。

症状の原因が早くわかり、治るといいですね。

「最後に」


足の指の水ぶくれができる原因は3つあることがよく分かりましたね。

足の指の水ぶくれができる症状を治すためには

・病院を受診して、検査・治療を受ける。

・足に合った靴を選んで履く

・足が蒸れないように心がける
(通気性が良い素材の清潔な靴下を履くなど)

・スリッパやタオルやバスマットを共用しない

以上のことが大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ