太陽でくしゃみが出る原因!アレルギーやてんかんの可能性もある!?



太陽の光を浴びるとくしゃみが出る!?

たまたまでは?と普通は思いますよね。

しかし、
光に当たることで、くしゃみが出てしまう人がいます。

とても不思議な現象ですが、これは体の「反射」とい仕組みで起こります。

医学でも解明途中で、謎が多いですが、現在のわかる範囲を調べてみました。


今回は、太陽でくしゃみが出る原因を紹介します。

Sponsored Links



太陽でくしゃみが出る原因


強い光を見ると、くしゃみが出たり、良く晴れた日に屋内から外に出た時、外にいて太陽の光が直接目に入ったときなど、まぶしさを感じた瞬間にくしゃみが出る症状を、


「光くしゃみ反射」(染色体上にある優性遺伝子が引き起こす突発性太陽視角症候群)

または「ACHOOヘックション!(Autosomal dominant Compelling Helio-Ophthalmic Outburst syndrome)」といいます。


●くしゃみの数は個人差がある


光くしゃみ反射のくしゃみの数は1回か2回で、連続して何回も出ることはないのが特徴です。

どの程度の光を見るとくしゃみが出るのかは個人差が大きいです。

例えば、

・太陽が強い光でないとくしゃみが出ない人
・室内の明かりでもくしゃみが出る人




●くしゃみは脳からの指令で起こる


くしゃみは、「鼻に入り混んだゴミや花粉などの異物を外に排出する」体の生理現象ですが、

鼻にゴミや花粉などが入ったときだけではなく、脳からの指令で起こることもあります。


動物の目は、光が入ると反射的に瞳を絞って、入ってくる光の量を調整します。

この時に働くのが脳の動眼神経系(EW核)です。瞳の筋肉を動かす神経になります。

動眼神経系は瞳を動かすだけでなく、鼻水を分泌する神経(翼口蓋神経節)ともつながっていると鹿児島大学の口岩聡博士が明らかにしています。


目から入った光刺激の信号が、
EW核を介して鼻水を分泌する神経にも流れくしゃみが生じます。

このような流れになります。


1.瞳に光が入る

2.瞳の筋肉を動かす神経が働くと同時に鼻水を分泌する神経も働く

3.鼻水が分泌し、ムズムズなどの症状でくしゃみが出る。


日本人の25%が経験したことがあり、10%の方が症状を持続していると、いわれています。

Sponsored Links



遺伝も関係しているって本当なの?

光くしゃみ反射を持っている家系では、同じ反射を持っている可能性が高いと鹿児島大学の口岩聡博士は話しています。

そのことから、光くしゃみ反射は優性遺伝(現れやすい遺伝)と推察しているとのことです。


同じ光くしゃみ反射の人でも、光の強度で症状に個人差が出やすく、どのようなメカニズムで発症しているかは医学では明らかになっていないことが多いのが現状です。


症状

暗いところから明るいところに出ると

・くしゃみ

個人差が大きいです。


何科?治療法は?

アレルギーでくしゃみが起きているわけではないので治療法もないです。

光をなるべく遮断し、車などの運転の際はサングラスをかけるなどの、対策です。


光くしゃみ反射の注意点

自分がどの程度でくしゃみをするかを把握しておきます。

特に車の運転ですが、真っ暗なトンネルから出た時、また、ミラーの角度で光ってくしゃみが誘発されることも考えて、事故防止のためにもサングラスをかけるなどの対策をしましょう。


光くしゃみ反射を持つ人はてんかんの可能性も


光くしゃみ反射に関わる遺伝子は2つあります。

2010年に遺伝子者が1万人の遺伝子解析をしてわかりました。(一塩基多型)

この遺伝子の1つが光誘引性のてんかん発作と関係があり、光くしゃみ反射との関連性が言われています。

光くしゃみ反射がある人はてんかんの因子がある可能性があるということです。



光誘引性のてんかん発作で有名になったのが、ポケモンショックです。

テレビからの強い光の刺激で子供たちが発作を起こしてニュースになりました。


光誘引性のてんかん発作を「光刺激性てんかん」と言い光刺激によって発作を起こす「てんかん」になります。


どんな光刺激で発作になる?



・テレビ
・太陽光線(木の間からの光なども)
・水面の光反射



などで全身の痙攣・重い発作が起こることがあります。

光くしゃみ反射を自覚している人は、あまり光刺激の強い映像なども見ない方が良いといわれています。

よくテレビでテロップに注意書きをしているのもその対策です。

Sponsored Links



ネット上で光くしゃみ反射が原因でお悩みの声


くしゃみが出そうなのですがなかなか出ない、こんな時に明るい方(例えば太陽とか照明)を見るとくしゃみが出ます。

くしゃみと明るさとはどういう関係があるのでしょうか?

ウィキの「光くしゃみ反射」を読むと、まだ十分には分かっていないようですが。



●お返事

「光くしゃみ反射」は、まだ解明できていない部分もありますが瞳孔の調整をつかさどる部分と鼻水を分泌させる神経との関係によって、明るいところを見ると、くしゃみが出るといわれています。

仕組み的にアレルギーではないので治療法はありません。

特に車の運転やや危険な機械の作業をされている方は、くしゃみで目を離すと大変危ないので、サングラスをかけるなどをして対策をしましょう。

最後に


春先・秋先は花粉症によるくしゃみが多いのに対し、太陽光の影響で出る光くしゃみ反射は通年症状があります。

また光くしゃみ反射によるくしゃみは、連続で出ないため、自分では気づいていない人も多いかもしれません。

近年、車のトンネルを抜けてからの事故や飛行機でパイロットがミスをするのもこの症状に気づいていないのではないか?ともいわれています。

(車ですと、一回くしゃみをするのに目を閉じてしまうだけで15m進んでいるとも)

一度、くしゃみをでる環境はどの環境ででるのか?を自分なりに把握しておく良い機会かもしれません。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ