風邪で目が痛い3つの原因!奥のほうや頭痛がある時は要注意!?



風邪で目が痛いって症状はめずらしいですか?

熱が出ている時は、目の疲れというか目に熱をもったような症状が出たことがあります。

風邪が治まると目の症状も落ち着きました。

痛みが出ている場合や続いている場合は、外の病気の可能性も考えられます。

今回は、風邪で目が痛い原因を調べてみました。

Sponsored Links



風邪で目が痛い原因


風邪で目が痛い原因はこの3つの病気が考えられます。


  1. 頭痛(群発頭痛)
  2. 鼻水(急性副鼻腔炎)
  3. 慢性副鼻腔炎

それぞれ見ていきましょう。

頭痛(群発頭痛)



概要

風邪と目が痛い要因に頭痛と思われると思いますが、風邪を引いたきっかけでおこる頭痛で目の奥や、眉間にあたりに痛みを感じる事もあります。

また、「群発頭痛」というものがあります。

風邪をひくなど複合的な症状によって、多くの筋肉が使われることで筋肉が緊張し、セロトニンという物質が分泌されることによって痛みがおこるといわれています。


それが視神経にも影響すると目の痛みにつながり、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を起こすので目の奥が痛むともいわれています。

寝ているときに痛くなり15分~3時間くらいの痛みを繰り返すのが特徴です。

頭痛の時におきやすい吐き気がないのも特徴です。

群発頭痛の原因

血管の拡張が関わっているとはいわれていますが、原因は解明できていないです。
20代~30代の男性に多いといわれています。


症状

・目の奥がぐりぐりとされたような痛み
・目の中をキリでつつかれたような痛み
・目の充血
・涙がでる
・まぶたの腫れ

何科?治療法は?

脳神経外科、内科を受診します。

一般的な頭痛の薬では効きません。酸素吸入法、太ももに自分で注射する「スマトリプタン」が最近認められました。


自分での対処

群発頭痛は一日中おきているわけではないので、症状がない時にアルコールを摂取しますと、痛みがくるともいわれています。

喫煙、疲労、山登りや飛行機などの気圧変動、明るい光を見たり、季節の変わり目にも注意が必要です


群発頭痛の注意点

普通の頭痛薬は効かない、またよく夜中寝付いたときに痛みがくるなど、症状にあてはまると感じたら、病院を受診しましょう。

Sponsored Links



鼻水(急性副鼻腔炎)


概要

風邪を引いたときの一つの症状に「鼻水」の症状はありますが、鼻水と目の痛みにも関連があります。

人間の鼻の構造は息を吸ったり吐いたりする鼻腔ととなりにある副鼻腔からなっています。

鼻腔と副鼻腔は自然口という複数の小さな穴でつながっています。

副鼻腔には、篩骨洞(しこつどう)という眼の内側にある穴があります。


篩骨洞に炎症を起こした時には眼の内側の痛みが起こります。


風邪に引き続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、細菌が副鼻腔で繁殖し急性の炎症を起こします。

副鼻腔に急性の炎症が起こることを「急性副鼻腔炎」といいます。


急性副鼻腔炎の原因


肺炎球菌・インフルエンザ菌・ブドウ球菌など、風邪から引き続いて細菌が感染して発症します。

特に疲労や病気で体の抵抗力がおちているときに発症しやすくなります。


症状

・痛み
・鼻汁(びじゅう)。
・風邪症状がから膿性の悪臭がする鼻汁
・片側に発症することがおおいです
・発熱は微熱です。


何科?治療法は?

耳鼻咽喉科を受診します。

・鼻のなかに溜まった鼻水を吸引して取り除きます。

・薬物療法で抗菌薬・痛みを和らげるために消炎鎮痛薬を処方します。

・血管収縮薬で鼻と副鼻腔をつないでいる穴の狭まりを軽減し鼻から抗菌薬の吸入します。


自分での対処

耳鼻咽喉科を受診しましょう。

疲れがたまっている時は急性副鼻腔炎になりやすいので、免疫力を上げるために睡眠をきちんととりましょう。


急性副鼻腔炎の注意点

副鼻腔の炎症が眼や脳に進むことがあります。

眼に及ぶとまぶたが腫れたり、視力が落ち、脳に及ぶと強い頭痛や意識障害が起こすことがあり注意が必要です。

慢性副鼻腔炎


概要

急性副鼻腔炎が慢性化した「慢性副鼻腔炎」もあります。「蓄膿症」(ちくのうしょう)ともいわれています。

急性副鼻腔炎が3か月以上続くと慢性副鼻腔炎と診断がつきます。

慢性副鼻腔炎の原因

・風邪をひいたことにより鼻水が溜まった状態がのびます

・アレルギー性鼻炎を患っている方は併発する傾向にあります

・虫歯を放置、歯周病が進行して細菌感染することもあります

・インプラント治療後におきることもあります


症状

・鼻水・鼻づまり(ネバネバした黄色い鼻水でひどくなると緑かがった色に)

・ニオイがわからなくなる

・鼻の周りや顔面・目や歯や痛み・頭痛もします

・鼻水がのどの方に垂れてくる

何科?治療法は?

耳鼻咽喉科を受診します。

・定期的に鼻・副鼻腔にたまった鼻汁をきれいに吸引し取りのぞきます

・マクロライド系抗菌薬を少量ずつ、長期に使用します

・効果がないか、効果が不十分な場合は、内視鏡を使用した鼻内副鼻腔手術が行われます


自分での対処

・こまめに鼻をかむ(勢いよくかむと中耳炎になるので注意します)

・鼻がつまっているときは、睡眠不足で体力が弱まらないように(症状が悪化するため)蒸しタオルやお風呂にはいって鼻の粘膜を和らげるようにします

・加湿器をつける

・枕を少し高くすると呼吸が楽になります


慢性副鼻腔炎の注意点

急性副鼻腔炎のうちに適切な処置を行います。市販の鎮痛薬で痛みが治まったとしても早目に病院を受診しましょう。

Sponsored Links



ネット上で風邪が原因で目が痛いことが原因でお悩みの声


風邪をひいてから目から眉間の間にくらいの場所が両側痛いです。

目の奥側で目をぎょろぎょろ動かすと痛みます。

風邪は治ったように思うのですが目の痛みだけ引きません。

これは風邪の延長ですか?


●お返事

風邪を引いただけでも、辛かったと思います。しかし普段は風邪の症状にない「目が痛い」という症状は、また辛い症状ですね。どう対処するのか?

病院にいくにもどこに行けばいいのかも分からないと思います。

風邪から目が痛くなる症状は、多々あります。風邪を引いたことによって引き金となり、違う疾患を起こすことがあるからです。

頭痛はないみたいなので、

私なら急性副鼻腔炎を疑い、耳鼻咽喉科を受診します。

急性副鼻腔炎は、風邪が引き金となって起こりやすい鼻の奥にある副鼻腔というところが、炎症をおこします。おこす場所によって症状が違ってきます。

放置しておくと慢性副鼻腔炎となり治療も大変になってきますので早い目に病院を受診しましょう。お大事になさってください。

最後に


風邪から目が痛くなるというのは、あまり聞いたことがありませんし、実際そういう症状を経験した方からでも、どうしてだろう?とまた、
風邪は治ったのに、目の症状だけが残るという人が多いです。

病院を受診するにもどこにいけばいいのかも分からないと思います。

急を要する病気もありますので、症状に不安があれば、総合病院の方にいかれて受診してください。

総合病院なら、分からなくても同じ病院内で必要な科を紹介してくれます。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ