乳首が腫れる3つの原因は?周りにも症状が出るのは病気!?

乳首が腫れているような感じ・・。

下着があっていないのでしょうか?

腫れが続いているようなら病気の可能性も考えなくてはいけません。

妊婦さんや授乳中の方なら、かかりつけの産婦人科で相談しやすいですが、

独身の方はデリケートな部分ですので、相談場所に困ってしまいますよね。

今回は、乳首が腫れる原因を調べてみました。

Sponsored Links


乳首が腫れる原因は?


 
乳首が腫れる原因はこの3つの可能性があります。

1.乳腺炎
2.乳頭炎・乳輪炎
3.乳腺症


それぞれ見ていきましょう。

乳腺炎


1.概要 

乳腺に母乳が詰まって炎症が起きてしまった状態です。

乳腺とは母乳を分泌し乳首まで通す組織で、産後の授乳時、分泌された母乳が何らかの理由で適切に排出されずに乳腺内で滞るために起こります。

また更年期の女性にも症状がみられます。


2.乳腺炎で乳首が腫れる原因は?

乳腺内に残った母乳が先端まで詰まってしまうと乳首まで腫れてしまうことがあります。

また、女性ホルモンの影響を大きく受けるので、授乳中だけでなくホルモンバランスが崩れやすい更年期の女性にもよく見られる病気です。

3.症状 
 
しこりができる
熱を持つ
触ると痛い
頭痛、発熱

4.何科?治療法は

授乳中であれば、出産した病院の産婦人科または母乳外来のある病院を受診します。

溜まった母乳を出すマッサージの指導、授乳に対しての相談が受けられます。


化膿した場合は抗生物質などの内服薬が処方されますが、酷くなると切開して膿を出すこともあります。

更年期の乳腺炎の場合は、乳腺外科を受診してホルモン治療などが行われます。

5.自分での対処 

痛み、熱を持っている場合は冷やす
指導に沿ったマッサージをする
血行をよくする
食生活に気をつける


乳腺炎の注意点

詰まりや乳首の傷を放置していると、そこから細菌感染を起こし化膿性乳腺炎を起こしてしまい、発熱や頭痛、膿が出ることもあります。

また熱や頭痛などの痛みが出たからといって授乳中に安易に薬を服用せず必ず医師に相談してから薬を服用するようにしましょう。

Sponsored Links



乳頭炎、乳輪炎


1.概要
 
乳頭・乳輪が刺激を受けて炎症を起こしてしまった状態です。

乳頭・乳輪には皮脂腺も多く、皮脂が適度に分泌されることで周辺の皮膚を守っていますが、この皮脂の分泌量のバランスが崩れてしまうことで刺激を受けやすくなっています。


2.乳頭炎、乳輪炎で乳首が腫れる原因

 
皮脂のバランスが崩れて刺激を受けやすくなった状態で衣類や下着の摩擦などでも炎症を起こしてしまうと、ピリピリとした痛み、かゆみや腫れがみられることがあります。

また、細菌感染して化膿してしまう場合もあります。

3.症状

かゆみ
痛み
腫れ
ただれ
  
4.何科?治療法は

皮膚症状なので皮膚科を受診しますが、デリケートな部位なので行きづらい場合は婦人科、または乳腺外科でもよいでしょう。


保湿剤やステロイド剤、化膿しているときは抗生剤入りの軟膏が処方されます。 

5.自分での対処 

保湿する
肌に優しい素材の衣類に替える(綿など)
刺激の少ない石鹸を使う


乳頭炎、乳輪炎の注意点

軽度のかぶれであれば刺激を避け、保湿をしているうちに改善されます。

しかし、乳頭炎・乳輪炎と似た症状に乳房パジェットというがんの一種がありますので、症状がよくならない場合にはすぐに乳腺外科を受診しましょう。

乳腺症


1.概要

乳房にかかるさまざまな病変のうち良性のものの総称でありはっきりした病気のことではありません。

30~50代の女性に多く見られ、女性ホルモンのバランスが大きな要因であるといわれています。


2.乳腺症で乳首が腫れる原因

ズキズキとした痛み(疼痛)、腫れ(しこり)が多く見られます。

ホルモンの影響を大きく受けるため、生理前に症状が強くなり生理後に弱まる、また、閉経後は症状が和らぐことが特徴です。

3.症状
  
痛み
しこり(腫れ)
乳頭から分泌物がある

4.何科?治療法は 

乳腺外科、または外科を受診します。

乳がんと見分けにくいため、マンモグラフィー、エコー、生体検査などを行ったうえで診断されます。

特に治療は必要ありませんが、痛みが強い場合はホルモン注射などの処置を行うこともあります。


5.自分での対処
 
早めに受診をする
睡眠をしっかりとる
生理不順にならないようにする
食生活に気をつける


乳腺症の注意点
乳がんと症状が酷似しているため、疑わしいと思ったら放置せずに念のため受診をして検査を受けましょう。

がんではなく乳腺症と診断されれば一安心できます。基本的には経過を観察するだけで大丈夫です。

Sponsored Links



ネットで乳首が腫れることでお悩みの人の声


乳首が痛いし痒い。皮も剥けます。

お風呂上がりは乳首の皮が剥けやすいのでバスタオルで拭いただけでポロポロとめくれます。
前から痒くて、皮がめくれそうだったので皮を剥いてしまいました。

その後痛くて血も出たので驚いて目の前にあったオロナインを塗りました……。

それから我慢して掻かないようにしました。

治りかけていたのですが昨日の夜、また皮を剥いてしまいました。

今、謎の汁が出ています。

ブラジャーに黄色い液体が乾いてへばりついてます。

乳首から出たばかりのものはサラサラしてます。

痛いし痒いし、どうしたら治りますか?我慢していれば治るでしょうか?

よく効く塗り薬などもありますか?



●お返事

かゆみが続いているとのこと、辛いですね。
お悩みの症状ですが、乳頭炎・乳輪炎に似ていると思いました。

乳頭・乳輪の周辺の分泌腺からでる皮脂が皮膚を守っていますが、ホルモンのバランスの崩れなどで皮脂が欠乏してしまうと皮膚がダメージを受けやすくなってしまうのです。

黄色い汁が出ているということは細菌に感染して化膿している可能性もあり、これ以上掻くとますます悪化するかもしれません。

皮膚科が望ましいですが恥ずかしいようであれば、婦人科か乳腺外科を早めに受診したいですね。

私なら

綿などの下着に替えるなど肌への刺激をなるべく減らします。

刺激の少ないスキンケアを心がけ、早めに皮膚科、または婦人科、乳腺外科を受診します。

最後に


乳首が腫れる要因は3つの要因が考えられることが分かりましたね。

早く治すためには

なるべく早めの受診をする
保湿をする
睡眠をとる

以上のことが大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ