膝が曲がらない5つの原因!痛くて動かないのはなぜ!?

膝が曲がらない!

私は右膝を痛めたことがあり、膝が曲がりづらくなったことがあります。

曲げようとすると膝裏に痛みが出る感じでした。

仕事で立ったり、座ったりすることが多く、しかも、右側に重心が偏っていたため膝に負担がかかったようです。

サポーターをしたり、お風呂で温めたり膝を大事にしていたら、動きもよくなり痛みも減りました。

これ以上、続くようだと病院へいこうかと思っていました。

今回は、膝が曲がらない原因を調べてみました。

Sponsored Links


膝が曲がらない原因とは?



膝が曲がらない原因はこの5つの可能性があります。


  1. 関節内遊離体
  2. 関節水腫
  3. 関節の損傷
  4. 骨軟骨腫
  5. 軟骨肉腫

それぞれ見ていきましょう。

関節内遊離体


1.概要

関節の中に剥がれ落ちた軟骨や骨の欠片が浮遊して痛みを起こす病気です。

この欠片が関節内を動き回ることから関節ねずみとも呼ばれます。


2.関節内遊離体で膝が曲がらない原因


スポーツや事故による骨折、骨が変形する病気などが原因となります。

欠片が関節の隙間に挟まったり引っかかったりすると強い痛みが起こります。


3.症状

・痛み
・違和感


4.何科?治療法は


整形外科を受診しましょう。

レントゲンやMRI検査をしてしらべます。必要であれば関節の中にカメラを入れて調べる関節鏡検査を行います。

手術で欠片を取り除くことで完治します。場合によってはリハビリが必要になることがあります。


5.自分での対処
 
関節内遊離体は、手術をして欠片を取り除かなければ完治はしません。

症状に気が付いた時には早めに治療を行いましょう。


関節内遊離体の注意点 

関節内遊離体は膝だけでなく、肘や足首などにも起こります。

症状を放置していると変形性膝関節症などの原因になることがあります。

手術をすることで完治する病気ですので、きちんと病院に行って治療を行うことをお勧めします。


関節水腫



1.概要
 
膝の関節に水が溜まってしまう病気です。

膝の痛みの他に腫れやだるさを感じることがあります。水が溜まっているので膝を触った時にぶよぶよとした触感があります。

2.関節水腫で膝が曲がらない原因 


老化や怪我、骨が変形する病気などによって滑膜組織に炎症が起こると関節液が過剰に分泌される原因になります。

関節液が増えると膝の皿の上に溜まってしまい膝が曲がらなくなってしまいます。


3.症状
  
・腫れ
・だるさ
・異物感
・突然の痛み

4.何科?治療法は
 
整形外科を受診しましょう。

触診やレントゲンで膝に水が溜まっているかを診察します。

溜まっている水を抜いて、原因となっている関節の炎症を抑える治療を行います。

5.自分での対処

・蒸しタオルなどで温める


関節水腫の注意点 

膝の水を抜くとクセになる、水が増えるといった噂話がありますが、それは全く根拠の無いことで、水抜きをしないと症状の悪化を招く原因になってしまいます。

膝の水が溜まっている症状がある場合は放置をせずに、医療機関を受診してきちんと治療を受けましょう。

Sponsored Links



関節の損傷


1.概要

膝の関節が何らかの原因で損傷を受けることで、膝の曲げ伸ばしが上手くいかなくなることがあります。


2.関節の損傷で膝が曲がらない原因

 
スポーツや事故などで膝に大きな力が加えられて、半月板や軟骨などに損傷を負ってしまうことで痛みや違和感などが起こり、膝の曲げ伸ばしが困難になってしまいます。


3.症状
  
・痛み
・腫れ
・力が入らない

4.何科?治療法は
 
整形外科を受診します。

レントゲンやMRI検査を行い損傷の程度を調べます。

ギプスで固定したり、手術などで治療を行います。


5.自分での対処

・速やかに病院を受診する


関節の損傷の注意点 

たいしたことないと思っていても実は骨折していたなどということもあります。

膝の痛みがあるときには、早めに病院で治療を受けましょう。

骨軟骨腫


1.概要
 
骨軟骨腫とは、骨にできる良性の腫瘍のことです。この腫瘍はこぶのように飛び出ていて徐々に大きくなります。

この骨軟骨腫が膝にできることで膝の曲げ伸ばしが困難になることがあります。

2.骨軟骨腫で膝が曲がらない原因

 

骨軟骨腫は成長期の骨にできることが多く、骨の成長と伴に大きくなります。

大きくなった骨軟骨腫が筋肉や腱などを圧迫することで痛みや違和感が起こり、膝が曲がらなくなってしまうことがあります。

軟骨肉腫


1.概要
 
軟骨肉腫は、骨にできる腫瘍で軟骨骨腫と違い悪性の腫瘍です。

軟骨骨腫は若い10代の人によく見られる病気ですが、軟骨肉腫は40代以降の人に多いのが特徴です。

2.軟骨肉腫の原因 

軟骨肉腫ができる原因はわかっていません。良性の腫瘍と区別がつきにくいため注意が必要です。

放置していると、どんどん悪化してしまうので違和感がある場合には早めに受診しましょう。

Sponsored Links



ネット上で膝が曲がらないことで悩んでいる人の声


膝が曲がりません…

水が溜まっている感覚があります。

痛みが少しあり膝が少し膨らんでぶよぶよした感じで、膝パットでも付けてるのかと思ったよ~なんて家族に言われたので、家にあった温シップを寝る前に膝へ貼ってもらいました。

日中は、膝サポーターをしてもらおうと思います。

それ以外に何か良い方法ありますか?



●お返事

膝に痛みがあり曲がらないとのことで、お辛いですね。

膝に水が溜まってしまう病気の関節水腫などの可能性もあります。

私なら、整形外科を受診して水を抜いてもらいます。

水を抜かなければ炎症が悪化してしまいますので、病院で相談しますね。

膝を温めて血行を良くするは効果的といわれていますが、

まずはお早めに病院に行かれて、しっかりと治療を受けるようにしてくださいね。

症状が早く良くなるといいですね。お大事にしてください。

最後に


膝が曲がらない原因は5つあることがよく分かりましたね。

膝に支障が出ると歩き方も歪み、腰痛や反対の脚・他の部分に痛みがでる可能性もありますので、早目に病院へ行きましょう。


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ