筋肉痛でマッサージ!回復を遅らす3つのデメリットとは!?

走り過ぎて、筋肉痛です・・。

慣れないことはやらないほうがいいですね。
サッカー部だったのでイメージだけは若いままなんです。

体が動かなくてショックを受け、
次に日に激しい筋肉痛でさらにショック!

マッサージを受ければ良くなるかなと思ったのですが、
調べてみたら違う情報が!

今回は、筋肉痛でマッサージ!回復を遅らす3つのデメリットとは!?について調べてみました。

Sponsored Links



筋肉痛の時にマッサージは大丈夫?

b7992fac5b4fae3104c854f2e0059219_s

結論から言いますと、

筋肉痛が起こっている時はマッサージをしてはいけない!

マッサージをしてはいけない理由は、
筋肉痛のメカニズムを理解することでわかりますので見ていきましょう。
簡単に説明しますね。

そもそも筋肉痛って何でしょうか?

筋肉痛とは?

57377a9409862ee58115c91c9c5cc918_s

筋肉痛は、運動を行うことで筋肉に痛みが出ることをいいます。
慣れない運動や激しい運動を行った後に出てきます。

通常、数時間~3日以内と時間を置いて痛みが出るのが特徴で、
1週間ほどで筋肉の痛みが消えることを遅発性筋痛といいます。
筋肉痛ですね。


すねが筋肉痛!原因は他に3つもあるって本当!?


筋肉痛で筋肉はどのような状態になっているのか?


実は、筋肉痛のメカニズムは現代の医学ではすべて解明されていません。
それくらい筋肉は複雑なんですね。

筋肉痛の痛みってなぜ起こる?
筋肉痛で起こる痛みは、
損傷した筋肉(筋繊維)を修復している最中に炎症が起き、
その時に生成された刺激物質が筋組織を刺激して起こるとされています。

要は、
筋肉痛の痛みは、筋肉や炎症を修復しているサインなんですね。

この時にマッサージで刺激を与えてしまうと修復の邪魔をしてしまいます。


邪魔をすることで3つデメリットがあります。


  1. 回復を遅らせてしまう
  2. 痛みがさらに悪化する
  3. 筋肉を傷めさせてしまう

ですので、
筋肉痛が出ている時はマッサージはしない方がいいという訳です。

では、マッサージはいつするのがべストなのでしょうか?

マッサージをすべきタイミングとは?

f1db173af6081a442d3c242a3f616135_s

タイミングは2つあります。

  1. 運動直後のマッサージ
  2. 筋肉痛が治った後

それぞれ見ていきましょう。

1.運動直後のマッサージ


運動直後の筋肉は疲労し、張りや疲労物質が出ています。

この張りや疲労物質をとってあげることで翌日以降の
筋肉疲労や筋肉痛を軽減できます。

回復を早められるということですね。

軽いマッサージで「気持ちがいい」「少し物足りない」くらいの
力でちょうど良いです。

間違っても強いマッサージはしないでくださいね。
筋肉を傷つけてしまいます。

Sponsored Links



2.筋肉痛が治った後


筋肉痛が治った後というのは、筋繊維が太くなります。
この時は筋肉が硬くなっていることが多いです。
このタイミングでマッサージをすることで、
次の運動でもパフォーマンスアップ・怪我予防にもなります。


自分でマッサージ?プロに任せる?


プロに任せるのが一番効果が高いのは言うまでもありませんが、
自分でも簡易的にできますので日々のセルフケアとして習慣にするといいですね。

自分でマッサージする


基本的には自分でやる場合は、痛みが出ない程度に
軽く優しくマッサージすることです。

マッサージといっても指圧のように押すというよりは、
さする・滑らすようなマッサージがよいですね。


プロに任せる


これが理想的ですね。
お金も時間もかかるのがデメリットですが、
マッサージだけでなくストレッチや歪みなども改善してくれる先生もいますので
ご近所で探してみるといいですね。

「スポーツマッサージ」で探すといいですよ。


筋肉痛になったら何をするべき?


すでに筋肉痛になっている場合はどうしたらいいのでしょうか?

1.痛みのある所を冷やす


これはアイシングといって炎症を抑えてくれる方法になります。

氷袋や氷嚢(ひょうのう)を使って痛い所を冷やしましょう。


1日に数回に分けて、1回15分くらい目安に冷やします。
1~2日間行うのが目安です。

2.食事


筋肉の回復に必要な食事を心がけましょう。
基本はバランスよく食べることですね。

特に摂取したいのは、

  • タンパク質  鶏肉・卵・大豆製品
  • ビタミンB1 豚肉・レバー・うなぎ
  • クエン酸  柑橘系フルーツ・酢

これら食べながら、サプリメントで補助するのも有効的です。

3.睡眠


筋肉だけはありませんが、体を修復するに睡眠は必須です。

成長ホルモンが筋肉を修復してくれます。
22時~2時までがホルモン分泌が増えますので、
合わせて8時間は寝れるといいですね。

まとめ


以上が、筋肉痛でマッサージ!回復を遅らす3つのデメリットになります。
わかりやすくまとめますね。

  • 筋肉痛の時はマッサージはしてはいけない
  • 理由は、筋肉修復の邪魔をしてしまうから
  • マッサージをするなら、運動直後か筋肉痛が治ったら
  • マッサージを自分で行う場合は、軽く優しく
  • 筋肉痛を治すには、冷やす・食事・睡眠が大事

筋肉痛って痛いからつらいですよね。
マッサージすれば良くなるそうですが、逆の痛めてしまうんですね。

マッサージもタイミング次第では効果的ですので、
使い分けていきたいですね。


体が痛い・だるいあなたはこちら↓
症状・対策などまとめてチェックできます↓
体が痛い・だるい原因を厳選してまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ