皮膚がヒリヒリする3つの原因は?チクチク痛むのは病気なの!?



皮膚がヒリヒリする!何かしたかな?

日焼けなど原因がわかりやすければ心配にはならないのですが、心あたりがないと心配になりますよね。

心あたりがない場合は、日常で当たり前にやっていることを見直してみると原因がわかることがあります。

年齢を重なてくると皮膚も変化していきますよね。認めたくはないですが・・。

今回は、皮膚がヒリヒリする原因を調べてみました。

Sponsored Links



皮膚がヒリヒリする原因は?



皮膚がヒリヒリする原因はこの3つの可能性があります。

1.乾燥肌
2.洗いすぎ、スキンケアのしすぎ
3.化粧品、スキンケア用品が合わない


それぞれ見ていきましょう。

乾燥肌


1.概要
 
乾燥肌とは、何らかの理由で肌の水分やうるおいが足りなくなっている状態を指します。

健康な肌は、セラミドなどの角質層で覆われてバリアされた状態です。

この天然のバリア機能がなくなると、肌が内側から乾燥してしまいます。

2.乾燥肌で皮膚がヒリヒリする原因

 

肌には角質層と呼ばれるバリア機能があり、肌をウィルスなどの刺激や水分の蒸発から守る働きをしています。

何らかの原因で角質層内の水分量が低下すると、バリアとしての機能が落ちてしまい、刺激に対する抵抗力がなくなって肌荒れることになり、ヒリヒリと痛むこともあります。

3.症状
  
・かゆみ
・赤み、湿疹
・ニキビ
・しわ

4.何科?治療法は
 
皮膚科を受診して保湿剤を処方してもらいます。

指示通りに使用していれば改善されていくでしょう。

ただの乾燥肌ではなくアトピー性皮膚炎など治療が必要な場合もあり、その際はステロイド剤が処方されるでしょう。

5.自分での対処

・保湿に気を付ける、スキンケア全体を見直す
・バランスのいい食事をする
・職場や自宅の湿度管理に気を付ける


乾燥肌の注意点 

乾燥肌を放っておくと肌の老化を早め、深いシワに繋がってしまいます。

また、乾燥肌が甲状腺機能低下症など、深刻な病気の初期症状である場合もあります。

軽く考えずに、なかなか治らない乾燥肌の場合には病院を受診するようにしましょう。

Sponsored Links



洗いすぎ・スキンケアのしすぎ


1.概要
 
肌を大切にするのはとても良いことですが、ケアの方法が大切です。

洗いすぎ・擦りすぎ、過剰なスキンケアをすることで必要な皮脂まで流れ落としてしまうことになり、皮膚を傷めることにつながってしまいます。

2.洗いすぎ・スキンケアのしすぎで皮膚がヒリヒリする原因


肌は角質層で覆われバリアを張って刺激から守っていますが、ゴシゴシ顔を洗う、熱いお湯ですすぐ、強い洗浄力の洗顔料を使うなどをすることで、汚れだけでなく必要な皮脂まで奪ってしまう場合があります。

皮脂が奪われ、バリア機能が壊れることで刺激に弱くなった肌がヒリヒリ感じてしまうのです。

3.症状
  
・ニキビや吹き出物
・赤み
・カサカサ

4.何科?治療法は
 
洗いすぎやスキンケアのしすぎをしてしまうと、肌のバリア機能が壊れ、乾燥肌に繋がっていきます。

早めに皮膚科を受診し、保湿剤を処方してもらいましょう。

5.自分での対処 

・使う洗顔料を変える
・洗い方、頻度を見直す
・洗顔後の保湿を手早くする


洗いすぎ・スキンケアのしすぎの注意点 

洗いすぎで乾燥肌に陥ってしまうと、シワの原因になるだけでなく、炎症なども起こりやすくなり治療が必要な状態になってしまうかもしれません。

軽く考えず、洗顔等の方法を見直し、それでも良くならない場合は、早めに皮膚科に相談しましょう

化粧品・スキンケア用品が合わない


1.概要
 
新しくスキンケア用品を使うときに、含まれる成分と肌の相性が合わず、肌にとっては刺激となってしまうことがあります。

また、特に女性の肌や体調にはホルモンなどの関係で波があり、一定ではないため、肌が弱っているタイミングには、いつもの化粧水の成分でも刺激になってしまうこともあります。

2.化粧品・スキンケア用品が合わずに皮膚がヒリヒリする原因

 

スキンケア用品を変えたばかり、調子が良くない時などには、化粧品の成分が肌と合わずに刺激となってしまう場合があります。

合わない化粧品を使い続けると肌が刺激を受け続けることになり、肌へのダメージが大きくなってしまいます。

3.症状
  
・しみる、痛みを感じる
・赤みが出る
・かゆみ
・湿疹
・ニキビ、吹き出物

4.何科?治療法は 

ただちに化粧品の使用を止めて肌への刺激を避けてください。

そのあと皮膚科を受診し、治療を受けましょう。必要であればアレルギー等の検査が行われることもあります。

5.自分での対処
 
・合わないと思われるスキンケア用品の使用を中止する
・肌を休めてしばらく様子を見る
・肌質改善のために、生活習慣から見直す


化粧品・スキンケア用品が合わないことの注意点 

化粧品が合わないことによる炎症は一種のアレルギーのサインです。

合わない化粧品は使用を中止して早めに皮膚科を受診しましょう。

放置しておくと、炎症がひどくなって治療に時間がかかってしまい、跡が残ることにもなりかねません。

Sponsored Links



ネット上で皮膚がヒリヒリするとお悩みの人の声


フェイスパックをしたあと、化粧水、乳液、sabonのフェイスクリームを塗ったところ、肌がヒリヒリというかピリピリしてとても痛くなりました。

いつもの洗顔のあとに付けてる時はそんな事なかったのに…。

こういう事ってありますか??どうしてでしょうか。

別に傷があるわけでもありません。

今までこんなにピリピリした事もないです。

無印の化粧水を使ってるんですがフェイスクリームと合わなかったんでしょうか?



私の回答

いつも使っていた化粧品が合わなくなってしまい、肌の痛みもあるとのこと、とてもご心配だと思います。

お悩みの件ですが、スキンケア用品とお肌の相性が良くないためにヒリヒリする状態と似ていると思いました。


いつもお使いのスキンケア用品とのことですが、使う順番を変えることでその前につけているスキンケア用品同士と、さらにお肌との相性で刺激が変わってしまう場合や、

ホルモンのバランスなどで肌の調子そのものが変わってしまう場合などで痛みを覚えることもあると考えられたためです。

スキンケア用品と肌のトラブルを放置しておくと、ますます症状がひどくなってしまいます。


私なら すぐに、合わないと思われるスキンケア用品の使用を中止します。

しばらく何もつけずに肌を休めながら様子を見て、それでも改善しないようなら皮膚科を受診します。


スキンケア用品で皮膚の痛みがあるということは、アレルギーの炎症が起きているということなので、必要であれば検査を受け、医師の指示に従ってスキンケアを見直します。

また、健康な肌作りのために、食生活や生活習慣も見直します。

女性にとって、肌の悩みは特に気になりますね。早くお肌の状態が改善されることを願っております。

最後のまとめ


肌がヒリヒリする原因は、3つの要因があることがよく分かりましたね。

早く治すためには

・スキンケアの方法や使用する化粧品を見直す
・規則正しい生活習慣を心がけ、肌を質から改善する
・部屋や環境の湿度管理も気を付ける

以上です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ