眼圧が高い原因とは?ストレスや病気が理由の場合もある!?



眼圧が高いのは病気ですか?

私の叔母は眼圧が高いです。もう病名もわかっています。

薬で抑えていますが、そろそろ手術が必要みたいですが、良い結果が出るといいなと思っています。

なぜ、なったのかはわからないですが加齢という話です。

今回は、眼圧が高い原因・病気を調べてみました。

Sponsored Links


眼圧が高い原因とは?



眼圧が高くなると緑内障を引き起こす原因になります。


それぞれ見ていきましょう。



眼圧とは



1.概要

目圧とは、眼の中の圧力のことです。

目の中は房水という水で満たされています。

この房水が一定の量作られて、同じ量が排出されることで目の圧力が保たれています。

眼球の形を保ったり、血液をスムーズに運搬したりする為にも眼圧が大切な役割をしています。


眼圧には個人差がありますが、眼圧が高すぎると視神経を圧迫してしまい障害が起こります。

眼圧が高い状態が続くと、緑内障を引き起こす可能性が高くなります。

緑内障は国内の失明原因1位の疾患で、視野が狭くなったり部分的に見えなくなるなどの症状が起こる怖い病気です。

Sponsored Links



2.眼圧が高い原因


目の中の房水の作られる量が多すぎたり、排出される量が少なすぎたりすると眼圧が高くなってしまいます。


房水が排出されにくい原因はいろいろなことが考えられますが、隅角とよばれる房水が流れる出口が狭くなっていたり、炎症を起こしていたりすることが原因になります。

また、生まれつき隅角が狭かったり、ストレスや生活習慣が原因で眼圧が上昇することもあります。

緑内障は年齢が上がるにつれ発症リスクが高くなり、40代以上の中高年の20人に1人が緑内障になっているといわれています。

しかし、最近ではパソコンやスマートフォンの普及で目を酷使することが多いため、若い人でも緑内障を発症するケースが増えてきています。

3.症状

・視界がぼやける
・頭痛や吐き気
・眼の痛み
・充血

4.何科?治療法は

 


眼科を受診して、視力検査、眼圧検査、視野検査などを行い詳しく検査をします。

眼圧が高い場合は、眼圧を下げる点眼薬を処方されます。

点眼薬で眼圧が下がらないような場合には隅角を広げるレーザー治療、手術などを行います。

レーザー治療や手術には、稀に合併症が起こることがありますので、主治医とよく相談して治療を行うようにしましょう。


5.自分での対処
 
・バランスの良い食事を摂る
・ストレスを避ける
・禁煙をする

6.眼圧が高いときの注意点 


眼圧が高い状態が続いていても、自覚症状がほとんどないことが多いため、気付かないうちに緑内障を発症してしまう恐れがあります。

視野が狭くなったり、目がかすんだりといった気になる症状がある場合には、放置をせずに早めに受診するようにしましょう。

また緑内障を発症させない為には、症状が出ていなくても定期的に検査を受けることが大切です。

Sponsored Links



インターネット上で眼圧が高いことで悩んでいる人の声


眼圧が高いことで悩んでいるのはあなただけではない!
インターネット上でこのような悩みを見つけました。

眼圧が高いと眼科医に言われました。

・・・眼圧が高いと緑内障になるかもしれないとか。

でも、特にそれ以外で異常はありませんでした。


ここで質問です。

眼圧が高いとは具体的にどういったことなのでしょうか?

眼圧検査のときには、空気を目に当ててそのへこみ具合で~

となっていましたが

・・・よくへこむということなのでしょうか?

それとも、かたいとか?

また、日常の生活で何かあったりするのでしょうか?



お返事
 
眼圧が高いというのは、目の房水の量が多く目の圧力が高いことをいいます。

空気をあててもへこみが少ないと眼圧が高いということになります。

眼圧が高いと緑内障になるリスクが高くなるといわれています。

あまり自覚症状はないそうですが、頭痛や吐き気、目の充血などの症状が起こる場合もあるそうです。


私なら、眼科を受診して定期的に検査を受けます。

眼科医から眼圧が高いといわれたとのことなので、年に1度は検査を受けることをおすすめします。

定期的に検査を受けることで、緑内障の発症リスクを下げることができます。

また、緑内障であっても早期に治療を行えば無闇に怖がる必要のない病気ですので、あまり心配されないでくださいね。どうかお大事に。

最後に


眼圧が高い原因がよく分かりましたね。

眼圧が高い症状を治すには

・バランスの良い食事を摂る
・ストレスを避ける
・禁煙をする
 
以上のことが大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ