ささくれの4つ原因とは?子供の指先に出るのは病気!?

ささくれの原因とは?



ささくれの原因はこの4つの可能性があります。

1. 乾燥
2. ネイル
3. 栄養不足
4. 血行不良

それぞれ見ていきましょう。


乾燥


1.概要

ささくれが起こる一番の原因は手の乾燥によるものです。
水仕事などの家事で手が乾燥するとささくれができやすくなります。
また秋から冬にかけての空気の乾燥する時期に起こりやすいといわれています。

2.乾燥でささくれができる原因

 

食器洗いや洗濯などの水仕事、洗剤などの刺激で手肌が乾燥してしまうと、皮膚が硬くなってはがれやすくなるためささくれが起こります。

3.症状
 
・ちくちく痛む
・出血する


4.何科?治療法は

傷口にばい菌が入って化膿したり、ささくれを引っ張ったりして裂けてしまったりなど、症状が悪化した場合には皮膚科を受診しましょう。

5.自分での対処 

・水仕事をするときにゴム手袋を使用する
・ハンドクリームで保湿する


乾燥の注意点 

寒い時期に高い温度で食器を洗うと、温度差で乾燥しやすくなります。

また食器用の洗剤は皮膚の油分を洗い流してしまうため乾燥してしまいます。

水仕事をする際はゴム手袋を使用して手肌の乾燥を防ぎましょう。


ネイル


1.概要
 
ネイルをするときに使用するリムーバーや甘皮の処理がささくれの原因になることがあります。


2.ネイルでささくれができる原因

 

リムーバーには油分を除去する作用があるため、皮膚に付着するとささくれが起きやすくなります。
また甘皮は乾燥や刺激を防ぐ働きがあります。甘皮は必要以上に除去しないように注意しましょう。

3.症状
  

・ちくちく痛む
・出血する

4.何科?治療法は
 
傷口が化膿したり、痛みがひどい場合には皮膚科を受診しましょう。


5.自分での対処
 
・リムーバーが皮膚に付着しないようにする
・甘皮を取らない
・ネイルをした後は保湿する

ネイルの注意点 

ネイルやリムーバーは刺激が強いので、手肌が乾燥していたり荒れている場合には使用しないほうがいいですが、どうしてもという場合にはネイルの後にクリームなどでしっかり保湿をしましょう。

栄養不足


1.概要
 
ダイエットなどで食事の量が少なかったり、偏食で栄養のバランスが偏っていたりすることで栄養不足になりささくれができることがあります。

2.栄養不足でささくれができる原因

 

皮膚はカルシウムやタンパク質からできているため、これらの栄養素が不足するとささくれができやすくなります。
また、皮膚の代謝に関係しているビタミン類が不足すると、肌が荒れてしまいささくれができる大きな原因になります。

3.症状

・ちくちく痛む
・出血する
・肌荒れ

4.何科?治療法は
 
傷口が化膿したり、悪化している場合には皮膚科を受診しましょう。

5.自分での対処
 
・バランスの良い食事を摂る
・ハンドクリームで保湿をする

栄養不足の注意点 

栄養不足は、ささくれだけでなく抜け毛や肌荒れ、冷え性などの身体の不調の原因となります。

ただのささくれだからと軽く考えずに、栄養不足が原因と考えられる場合にはしっかりと食事を摂ることを心掛けましょう。

血行不良


1.概要
 
デスクワークなどで同じ姿勢で作業をしていると血行不良を起こしささくれができることがあります。
また運動不足でも血行が悪くなるためささくれができやすくなります。

2.血行不良でささくれができる原因

 

血行が悪くなると、充分な栄養素や酸素を指先に運ぶことができなくなるため、肌荒れや乾燥が起こりささくれができてしまいます。

ネット上でささくれができることで悩んでいる人の声


ささくれができることで悩んでいるのはあなただけではない!
インターネット上でこのような悩みを見つけました。

ささくれの治し方
ささくれがひどいです。
たまにめくれ過ぎて流血します。
あとは硬くなって触ると痛い所もあります。
間違いなく気になって触ってしまうのが原因だと思います。
(ネイルなどしていて触らない
状況だと回復が早い)
が、癖なのでどうしても触ってしまって。。
液体絆創膏も効果なしでした。


お返事
 
ささくれって痛いですよね。
わたしもよくささくれができるので、気になってしまうお気持ちわかりますよ。
ささくれは手肌の乾燥が大きな原因となるそうです。
わたしなら、ハンドクリームやオイルなどでしっかり保湿をします。
ひっぱってめくってしまうと傷ができたりばい菌が入ることがありますので、ハサミで切るようにします。
また、栄養不足になると肌が荒れてしまうのと同じように、指先も荒れてささくれができやすくなるので、ビタミンを多く含むバランス良い食事を摂るように気をつけます。
運動などで血行を良くするとささくれができにくくなることがありますので、軽いストレッチやウォーキングなどをしてみるのもいいかもしれませんね。
ささくれが早く治るといいですね。お大事にしてください。

最後に


ささくれができる原因は4つあることがよく分かりましたね。

ささくれができる症状を治すには

・水仕事をするときにゴム手袋を使用する
・ハンドクリームで保湿する
・リムーバーが皮膚に付着しないようにする
・甘皮を取らない
・バランスの良い食事を摂る

以上のことが大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ