目がぼやける5つの原因とは?急に白くなるのは病気?

目がぼやける原因とは?


目がぼやける原因はこの5つの可能性があります。


1. 眼精疲労 
2. 網膜症
3. 白内障
4. 黄斑変性症
5. 中心性漿液性脈絡網膜症

それぞれ見ていきましょう。


眼精疲労


1.概要
 
目の疲れや目の痛みは誰にでも起こりますが、しばらくすると改善します。

しかし、疲れがどんどん蓄積されると不快な症状が長く続いたり、身体に悪影響を及ぼす【眼精疲労】という状態になることがあります。

眼精疲労は休養をとってもなかなか改善せず、頭痛や倦怠感などの身体の症状が現れることがあります。


2.眼精疲労で目がぼやける原因

 

眼精疲労で物がみにくくなるため、前屈みの姿勢になったり、集中して物を見ようとしたりして緊張状態が続いてしまいます。

そのため、目がぼやけたり肩こりや頭痛といった症状が起こると考えられています。


3.症状
 
・目の充血
・目のかすみ
・頭痛や吐き気
・倦怠感

4.何科?治療法は
 
眼科を受診して、ドライアイなどの他の病気が無いか詳しく検査を受けます。

眼鏡やコンタクトレンズが合っていないことで眼精疲労が起こる場合もありますので、視力検査を受けて自分の視力に合ったものを処方してもらうといいでしょう。

5.自分での対処
 
・ストレッチをして血行を良くする
・蒸しタオルで目を温める
・アロマなどでリラックスする
・正しい姿勢を保つ


眼精疲労の注意点

緑内障や白内障などの目の病気によって眼精疲労が引き起こされることもあります。

またかぜやインフルエンザ、自律神経失調症などの目以外の病気でも眼精疲労になることがあります。

何が原因で眼精疲労が起こっているのか、一つ一つ問診や検査で根気よく調べて治療を行う必要があります。

網膜症


1.概要
 
糖尿病が原因で起こる、視力が低下したり失明したりする病気です。

症状が進行すると緑内障や網膜剥離などの病気を併発することがあります。


2.網膜症の原因

 

糖尿病になると血液中のブドウ糖が増加して血流が悪くなり、もろくなった血管から出血してしまいます。

網膜の毛細血管が出血したり詰まったりすることで、視力が低下する、目がぼやけるといった症状が起こります。


3.症状
  
・目のかすみ
・飛蚊症


4.何科?治療法は
 
眼科を受診します。

眼底検査や蛍光眼底造影検査を行い、眼底の状態を見ます。

超音波検査などで網膜剥離を起こしていないか検査をすることもあります。


5.自分での対処
 
バランスの良い食事や継続的な運動など、血糖値をコントロールすることが重要です。


網膜症の注意点 

自覚症状が乏しいため、病気に気が付いたときには病気がかなり進行している場合も多くあります。

症状が進行してしまうと治療をしても治らないことがほとんどです。

糖尿病の症状がある人は、血糖値のコントロールと定期的に検査を受けて病気の予防をすることが大切です。

白内障


1.概要
 
白内障とは、目の中のレンズの役割をしている水晶体が白く濁ることで、視力が低下したり見えにくくなる病気です。


2.白内障で目がぼやける原因

 

糖尿病やアトピー、薬の副作用など様々な原因がありますが、最も大きな原因は加齢によるものといわれています。

水晶体はタンパク質と水分とミネラルで構成されていますが、タンパク質が増えすぎたりバランスが崩れたりすることで水晶体が濁ってしまう原因となります。


3.症状
  
・目のかすみ
・物が二重三重に見える
・視力の低下


4.何科?治療法は
 
眼科で詳しい検査を受けます。

薬で症状を抑えたり、手術によって白内障を取り除きます


5.自分での対処
 
・適度な運動をする
・バランスの良い食事
・禁煙をする


白内障の注意点 

白内障は一度発症すると、薬で症状を抑えることはできても治すことはできません。

白内障を治す為には手術が必要です。手術を怖がって放置してしまうと失明する場合もあります。

日帰りで手術を行っている眼科も多くありますので、不安なことがあれば主治医にしっかりと相談して適切な治療を受けることが大切です。


黄斑変性症


1.概要
 
物がゆがんで見えたり中心部がぼやけて見えるといった症状があります。

両目で見ると気にならないことが多く、症状が進行してしまい失明することもあるため注意が必要です。


2.黄斑変性症の原因

 

目の中には物を見る時にとても重要な働きをしている黄斑という組織があります。

黄斑が加齢によってダメージを受けることで、視力の低下や目がぼやけるといった症状が起こります。


中心性漿液性脈絡網膜症


1.概要 

視野の中央の見え方に異常が起こる病気です。

網膜の中心にある黄斑が水ぶくれの状態になることで起こります。


2.中心性漿液性脈絡網膜症で目がぼやける原因

 

20歳から30歳の働き盛りの男性に多い病気です。

睡眠不足や仕事のストレスなどが原因になるといわれています。

ネット上で目がぼやけることで悩んでいる人の声


目がぼやけることで悩んでいるのはあなただけではない!
インターネット上でこのような悩みを見つけました。

慢性的な眼精疲労に悩まされています。
いつも目が重かったり乾いたり、どこか痛かったりします。
デスクワークの仕事などはしていないのですが、ついついスマホを見てしまいます。
近視でコンタクトをしているのでそのせいもあるかと思いますが、眼科で処方された様々な目薬を点しても楽にはなりません。
目を温めてもそのときだけだし出先で出来るわけでもありません。
コンタクトの度も合っていると思います。
特に夜など、家で電気の下(LED)にいると眩しく感じたり疲れたりします。
どうしたら良いでしょうか?


お返事

眼精疲労の症状が続いているとのこと、とてもお辛いですね。
スマートフォンやコンタクトレンズは眼精疲労の要因になります。
また、電気の下が眩しく感じるなども眼精疲労の症状にあります。
眼精疲労には特効薬がなく、目薬をつけても症状を少し和らげる程度のものとお考えになるといいかもしれません。
私なら別な眼科を受診して調べてもらいます。
自律神経失調症やストレスなど他の病気が原因で起こっている可能性もありますので、詳しく検査をして原因となっているものを探します。
スマートフォンの使用頻度を下げたり、PC用の眼鏡をかけるなどすると効果があるかもしれませんね。
目を温めるのは効果的なので、継続することで改善することがありますので根気よく続けてみてください。
早く症状が良くなるといいですね。お大事にしてください。

最後に


目がぼやける原因は5つあることがよく分かりましたね。

目がぼやける症状を治すには

・ストレッチをして血行を良くする
・蒸しタオルで目を温める
・アロマなどでリラックスする
・正しい姿勢を保つ
・適度な運動をする
・バランスの良い食事を摂る
・禁煙をする

以上のことが大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ