左後頭部の痛みの原因とは?ズキンとするのは病気なの!?

589e4b37733052439956dc984bff12e4_s

左後頭部が痛むのは頭痛でしょうか?

頭痛持ちではない場合は、さらに心配になりますよね。

常に痛みがあるのか?たまに出てくるのか?

症状の出かたも人それぞれかと思います。

ここでは、左後頭部の痛みの原因について紹介します。

Sponsored Links


左後頭部の痛みの原因とは?


左後頭部の痛みの原因はこの4つの可能性があります。

  1. 後頭神経痛
  2. 片頭痛
  3. 緊張型頭痛
  4. 高血圧

それぞれ見ていきましょう。


後頭神経痛



1.概要

頭の後ろがキリキリと強く痛んだり、ビリっと走るような痛みがあります。

肩こりやめまい、耳鳴りといった症状を伴う場合もあります。


2.後頭神経痛による左後頭部の痛みの原因 


デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると、後頭部の左右どちらかの神経が圧迫されて痛みが起こります。猫背など姿勢の悪さや、ストレスも要因になります。
また、けがや事故等の外傷による後遺症として後頭神経痛が起こる場合もあります。


3.症状

・肩こり
・めまい
・耳鳴り


4.何科?治療法は
 

神経痛になりますので脳神経外科を受診します。頭痛外来や神経内科でも大丈夫です。


5.自分での対処 


・痛む部分を冷やす
・ビタミン剤(ビタミンB12が効果的)をとる
・ストレスを減らす
・姿勢を良くする
・肩や首を温めて筋肉の凝りをほぐす


後頭神経痛の注意点 

しばらくすると自然に痛みが治まることも多いですが、他の病気の可能性もあるので注意が必要です。

後頭神経痛の症状がくも膜下出血や脳梗塞などの兆候の症状とも良く似ているので、安易に自己判断せずに少しでもおかしいなと思ったら、受診してきちんと検査を受けましょう。

Sponsored Links



片頭痛


1.概要
 
頭の片側、または両側がズキンズキンと脈打つように痛み、それが周期的に発生するのが特徴です。吐き気や嘔吐を伴うことも多くあります。

数時間で痛みが治まることもありますが、3日くらい続くこともあります。


2.片頭痛による左後頭部の痛みの原因


頭の血管が何らかの刺激を受け拡張することで、神経を圧迫し炎症を起こして痛みが発生します。
また、ストレスによる「セロトニン」の過剰放出が原因ともいわれています。


3.症状
  
・吐き気
・嘔吐
・光がまぶしく感じる
・音やにおいに敏感になる


4.何科?治療法は 


頭痛外来や脳神経外科を受診するといいでしょう。近くになければ内科を受診します。


5.自分での対処
 
・冷たいタオルや保冷剤などで冷やす
・暗くて静かなところで休む
・規則正しい生活をする
・カフェインを取るのも効果的ですが、逆にカフェインを取りすぎると頭痛を誘発することもありますので注意が必要です。


片頭痛の注意点

チーズ、チョコレート、赤ワインなど一部の食品は頭痛を誘発する恐れがありますので、食べ過ぎには注意してください。

また、睡眠不足や寝過ぎ、疲労などの身体的ストレスが頭痛を誘発する要因になります。バランスの良い食事を摂り、生活リズムを整えることが大切です。


緊張型頭痛


1.概要

後頭部や頭全体が締め付けられるような痛み、または圧迫されるような感じの痛みがあります。痛みが数日で治まることもありますが毎日続くこともあります。痛みは片頭痛のように強いものではありません。


2.緊張型頭痛による左後頭部の痛みの原因 


長時間同じ姿勢でいると、首や肩の筋肉が緊張して血流が悪くなり痛みが起こります。デスクワークや長距離運転手、立ち仕事をしている方に起こりやすい頭痛です。また、仕事や家庭などのストレスが要因となることがあります。


3.症状  

・首や肩のこり
・めまい


4.何科?治療法は 


頭痛外来や神経内科を受診します。適切な検査を受けて緊張型頭痛の原因を調べることが大切です。


5.自分での対処
 
・ストレッチやマッサージをする
・蒸しタオルなどで首や肩を温める
・入浴をして血行をよくする
・適度な運動をする


緊張型頭痛の注意点 

緊張型頭痛と片頭痛を併発しているときは要注意です。片頭痛には緊張型頭痛の対処法は逆効果になり、痛みが悪化します。

自分での対処法を試してみても症状がよくならないときには受診して適切な治療を受けましょう。

Sponsored Links



高血圧


高血圧とは、安静にしている時の血圧が正常値よりも常に高い状態をいいます。

血圧が高いと血管に圧力がかかるので、血管が傷ついたり硬くなってしまい、動脈硬化を起してしまうことがあります。


急激な血圧上昇や長期にわたる高血圧の症状がある場合、脳に水分がたまりむくみを起こすとがあります。

それにより頭蓋内の圧力が上がり神経が刺激され頭痛が起こるといわれています。


また、高血圧性脳症や脳出血などの病気の前兆として頭痛が起こる場合もありますので注意が必要です。

インターネット上で左後頭部の痛みに悩んでいる人の声


・左後頭部の頭痛について。

一週間ほど前から左の耳の後ろ辺りが痛みます。

普段頭痛はほとんど経験がないのですが、今回は長く続いています。

42歳、会社員、普段はPCの前に座る仕事ですが、一日中モニターを見ている、というわけではなく、社内を歩き回っている時間のほうが長いです。

日ごろからかかさず運動をしており、健康に気を使っているほうだと思いますが、晩酌は毎晩しており、尿酸値が高く、痛風の治療を受けています。

突然の脳梗塞などがおそろしいので質問いたしました。

近々病院に行く予定ですが、どんな病気が考えられるでしょうか。

詳しい方がいらっしゃいましたらご教授ください。



●お返事

左の耳の後ろの痛みが長く続いているとのこと、お辛いですね。

パソコンの前に座る仕事とのことなので、首や肩の凝りからくる緊張型頭痛・後頭神経痛かなと思いました。

知らず知らずのうちに猫背になったり、同じ姿勢になっているのかもしれませんね。

私ならデスクワークの合間に軽いストレッチをしたり、首や肩のマッサージをして気分転換をします。痛みが続いて辛いなと感じたら、脳神経外科を受診して治療してもらいます。

早く痛みが無くなると良いですね。お大事になさってください。

最後に


左後頭部の痛みの原因は4つあることがよく分かりましたね。

後頭部の痛みを治すには

・痛む部分を冷やす
・ストレスを減らす
・姿勢を良くする
・適度な運動をする
・規則正しい生活をする
・病院で適切な治療をする

以上のことが大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ