顎の梅干しシワの原因と治し方を厳選大特集!

鏡を見ると、顎の梅干しシワが・・・とても気になりますよね。

一度、気になると目がいってしまって嫌になってきます。

つぶやきでもありました↓


どうしてなってしまうのでしょうか?

ここでは顎の梅干しシワの原因と治し方を厳選大特集!ご説明していきます。

Sponsored Links


顎の梅干しシワの原因

m015-373

顎の梅干しシワはオトガイ筋が緊張することで起こります。

通常は、口を閉じようとすると下唇が引き上げられますが、


  • 下あごが後退している
  • 骨格や歯並びが悪い
  • 口呼吸をする習慣がある

など、口を閉じる時に下唇に余計な力が入ってしまい、オトガイ筋が過度に緊張して、あごに梅干しシワが入ってしまうのです。


オトガイ筋とは
下唇のすぐ下からあごの先端近くまで伸びている筋で、下唇を上げる役目をしています。



顎の梅干しシワの5つの治し方

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

以下の5つの方法があります。


美容整形外科で治療をする


顎にヒアルロン酸などを注入する方法があります。しかし、吸収されて無くなりますので、その都度注入する必要があることと、費用もかかります。


歯科矯正をする

歯並びが原因の場合、歯科矯正をする方法があります。しかし、矯正器具を長期間つけ続けることと、費用もかかります。


口輪筋のトレーニングでシワ対策


あごの梅干しシワを、口輪筋のトレーニングでカバーしましょう。

を用意してください。


1. ゆっくり3秒かけて唇をすぼめて前方に突き出す。そのままで5秒キープ。



2. すぼめた口をもとに戻し、唇を歯で巻き込み、少し外側に引く。そのままで5秒キープ。



3. 5秒かけて自然な表情にもどす。



4. 1~3の動作を3回繰り返す。

Sponsored Links



風船をふくらませる

唇と頰の筋肉を使って、風船をふくらませる。このとき、息を吸うときは鼻から吸い込み、風船から空気がもれないように注意する。

口輪筋を鍛えると、ほうれい線やたるみの原因を治すことにもつながります。


メイクで目立たなくする

「今すぐこのシワをなんとかしたい!」という人は、メイクの方法を工夫してみましょう。

明るめのコンシーラー、暗めのコンシーラー、ブラシを2本用意してください。


1.シワが気になるパーツの下地やファンデーションは、軽めに塗ります。



2.濃淡のある2色のコンシーラーと細めのブラシを使って、あごのシワをカバーしていきます。



3.凹んで影になる部分に明るめのコンシーラーを、凸になる部分には暗めのコンシーラーを、塗り分けていきます。



4.そのほか、アイメイクをしたり目元付近にハイライトを入れて目線を上にもっていきます。

これは、あごに限らず、ほうれい線のシワが気になるときにもおすすめのメイク方法です。

ネット上で顎の梅干しシワに悩んでいる人の声

m014-043

顎の梅干しシワ!で悩んでいるのはあなただけではない!
インターネット上でこのような悩みを見つけました。

顎のしわ(梅干しのようなもの)について。

口を閉じると、顎にしわが出来るのが気になって仕方がないです。

歯並びはもともと悪かったのですが、矯正をして直しました。となると、原因は下顎の後退ですか?

両親に相談しても、そんなに気にならないし贅沢を言い過ぎだと言われました。

私からしたらとても気になるし、つらいです。なおす方法はありますか。



口を閉じると顎にしわが出来てしまうのですね。すごくコンプレックスですよね。すでに歯科矯正もしたとのこと。

後は手っ取り早く治すには美容整形外科で治療をしてもらうという手もありますが、お金もかかるし、きっと御両親にも反対されてしまいますね。


私もそうですが、容姿のコンプレックスは気になりだすと、とことん気になるものです。

もし私なら、お金をかけずに顎の梅干しシワを自力で治すには、

  1. 口輪筋のトレーニング
  2. 風船をふくらませる
  3. メイクで目立たなくする

を習慣にしてみると思います。

一日も早く顎のしわが目立たなくなると良いですね。

最後に


「顎の梅干しシワは仕方がないもの」とあきらめてしまってはもったいないです。

お金が掛かる美容整形外科や歯科矯正以外の方法でも、ご紹介したようなトレーニングやメイク術を取り入れて、是非あごのシワに対処してみてください。


一日も早く顎の梅干しシワが目立たなくなりますように。


顎の症状でお悩みあなたはこちらへ↓
まとめてチェックできます↓
顎の違和感を症状別にまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ