ピロリ菌の感染経路とは?キスでうつるって本当!?

ピロリ菌の感染経路はよく分かってはいませんが、5歳くらいまでに口から入って来るのだけは間違いないようです。

全ての人が感染する訳ではありませんし、夫婦間や恋人間でのキスやコップの回し飲みでの感染はないと言われています。

ここでは、ピロリ菌の感染経路とは?キスでうつるって本当!?を紹介します。

Sponsored Links




ピロリ菌の感染経路とは?


上下水道の完備されていない地域では生水からの感染があると言われ、日本でも戦後の衛生状態が悪い時代に生まれ育った方が高い感染率を示しています。


その後環境が整えられた為、以後ピロリ菌に感染している人は減っていますが、未だにピロリ菌に感染している人がいるのは、

大人が小さな子供に食物を噛み砕いてから、口移しで食べさせている事にある様です。

感染する確率は?大人・子供 


ピロリ菌は5歳くらいまでに感染していますが、大人になってからの感染もあります。

口移しや井戸水、食べ物からの経口摂取により感染する事が分かっています。


発展途上国にはピロリ菌感染者が多く、先進国は感染者が少ないというのは、井戸水などの生水による感染が物語っています。昭和30年以前に生まれた世代の方々では、約80%の方が感染しているのは、その時代背景の影響でしょう。

日本人の2人に1人がピロリ菌陽性者です。

ピロリ菌に感染するとどうなるの?


ピロリ菌に感染すると、ピロリ菌から排出される毒素が悪さをして胃や十二指腸を痛めます。


慢性胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などから胃癌になる確率が上がる事に問題があります。ピロリ菌に感染していても、必ず胃癌になるとは限りませんが、「胃癌」の人を調べると殆どがピロリ菌に感染しています。

ですから、胃癌にならない為にはピロリ菌に感染していない事が条件となります。


日本は諸外国と比べても、先進国なのにピロリ菌感染者が多く、胃癌発症率が高いというデータがあります。


最近は「塩分の多い食事」と「ピロリ菌の国内集団感染」であろうという結論になっているようですが。

今後は、ピロリ菌がいるのかどうかを早期に発見できる様な仕組みを作らないとならない時代になって来ています。

Sponsored Links



ピロリ菌はキスで感染するの?口移しは注意?


日常生活上でキスやコップの回し飲みで、感染する事はないと言われていますが、子供に自分で噛み砕いた食物を口移しで食べさせるのは要注意です。


大きな肉や、食べずらい食物をついつい食いちぎって与えてしまうのも、分からない訳ではありませんが、将来子供がピロリ菌感染による胃潰瘍や慢性胃炎、それが進行して胃癌で苦しむ事になりますから、今日から口移しはやめて欲しいです。


口移しはピロリ菌だけじゃない!


口移しはピロリ菌だけが要注意な訳ではありません。


例えば、子供の虫歯は、大人の口移しが原因です。

虫歯になって、「痛いよ~痛いよ」と泣いている子供にさせたのは、間違いなく大人です!子供が痛い・辛いと言って泣いている姿をみる程、切ないものはありません。

虫歯菌や風邪など色々な細菌や雑菌まで子供にうつしてしまいますので、日常的に口移しの習慣は絶対にやめるべきでしょう。

ピロリ菌は予防できるの?


ピロリ菌は目に見えない小さな菌ですし、一度感染すると除菌しない限り、住み続けるしつこい菌です。

ピロリ菌を増やさない為に、ヨーグルトやヤクルトなどを飲めば、制菌出来るというデータもありますが、それで果たして予防になるのかというのは疑問ですから、子供の頃に感染していないのであれば、大人になってからは以下の事に気を付ければ、予防できるかもしれません。


・衛生環境の整っていない海外で生水を飲まない
・口移しで食べ物を食べない
・塩分の多い食事をとらない

いずれにしても、ピロリ菌は誰もが持っている危険性がある細菌です。
そして、いずれ胃癌などに変化していく危ない要素です。
胃炎などの症状がある場合には、受診する事をお勧めします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ