インフルエンザ予防接種で症状が軽い理由とは!?

インフルエンザ予防接種で症状が軽くなる?

予防接種を受けたのにおもいっきり発症しました!なんて人もいますよね。

インフルエンザ予防接種はすべてのインフルエンザに効くわけはないので、条件付きで軽くなるといったところでしょうか?


私の子供は、症状が軽く済んでいることが多いのでラッキーな面もあるのか?ないのか?
そもそも感染しているのでアンラッキーか?

ここでは、インフルエンザの予防接種で症状が軽い理由について、ご説明していきます。

Sponsored Links


インフルエンザ予防接種で症状が軽くなる理由

5e609210c623b8477c989a12f4def1c0_s

インフルエンザの予防接種を受けていた場合、
インフルエンザウイルスの抗体ができているため、接種してから5か月程度は、接種したのと同一型のウイルスには効果があり、インフルエンザにかかっても症状が軽く済むことが多いです。


しかし別の型のウイルスでは効果がないのでインフルエンザを発症する事もあります。


インフルエンザのどんな症状が軽くなる?


インフルエンザ特有の急な「悪寒」、「筋肉・関節痛」、「高熱」をある程度抑えることができます。

またインフルエンザワクチンを接種していないと高熱で1週間寝込むところ、1日から数日間で熱が下がり体が回復していきます。


インフルエンザと風邪の違い!



インフルエンザの方が全身症状が急激に進行し、「発熱」、「寒気」、「頭痛」、「筋肉・関節痛」が強く出ます。

Sponsored Links



いつの間にかインフルエンザをうつしていることも
22553b9a00ac91fd7e7787d526379752_s

インフルエンザの症状が軽い場合には風邪と間違いやすいです。


そのため二次感染の期間が発症から一週間程あるため、家族や学校のお友達や職場の仲間にうつしてしまう危険性があります。

インフルエンザの二次感染は主に接触・飛沫・空気感染でうつります。

流行時期は、風邪と思わずインフルエンザも想定して、病院で検査するとよいですね。特に、小さい子供・高齢者・妊婦さんがいるご家庭は注意です!


私の子供の場合

インフルエンザの予防接種を受けるようになってから、

インフルエンザにかかっても「微熱」、「関節痛」、「悪寒」、「軽い頭痛」程度で、お薬を処方してもらうと、すぐに症状が治まったというパターンが多いです。


最後に


インフルエンザ予防接種をしていると、インフルエンザに感染してしまっても、風邪と区別がつかないほど軽い症状で済むことがよく分かりましたね。型によりますが・・。


でも風邪かな?と思ったら病院を受診し、インフルエンザの検査を受けて、陽性ならお薬を処方してもらい、学校や職場をお休みして、他のヒトにうつさないようにする心がけが必要です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ