インフルエンザ予防接種で頭痛が出た!薬は飲んでいい?

インターネットではインフルエンザ予防接種後に頭痛がしたというヒトがいると知り、なぜなのか原因を調べてみました。

私の場合は、頭痛よりもだるさが強く出ます。

今回、調べてみて予防接種の副反応も人それぞれなのがよくわかりました。

ここではインフルエンザ予防接種で頭痛が出る原因と、どれくらいで治まるか、薬は飲んでいいか、についてご説明していきます。是非、ご参考にしてみてください。

Sponsored Links


インフルエンザ予防接種で頭痛が出る原因は?

ae0ddb231bb68162d3ce9003850b68e5_s

インフルエンザ予防接種は、注射で「異物」を体内に入れます。

体がその「異物」を排除しようとして、抗体を作らせるためにそうします。


極論を言えば「わざと軽く病気にする」、状態にすることですから、予防接種を受けると、抗体を作ろうとしてウイルスと体が戦っています。

そのため、その反応として、「頭痛が出る」という副反応が起こります。

インフルエンザの予防接種をした数時間後から頭痛などが


インフルエンザの予防接種をした数時間後から以下のような副作用がでることがあります。

全身症状

・発熱
・頭痛
・寒気(悪寒)
・だるさ(倦怠感)
・吐き気
・嘔吐
・下痢

インフルエンザの予防接種を受けたヒトの5~10%に起こります。

注射した部位の副作用

・赤くなる
・腫れる
・硬くなる
・熱をもつ
・痛くなる

インフルエンザの予防接種を受けたヒトの10~20%に起こります。


インフルエンザでの頭痛、吐き気、悪寒は大丈夫か?

5e609210c623b8477c989a12f4def1c0_s

インフルエンザワクチンは「不活性ワクチン」なので、予防接種をした=インフルエンザになった ということはありません。

ただワクチンを注射したことで、体が抗体を作ろうとして、ウイルスと体が戦っている状態になります。

頭痛はどれくらいで治まる?


インフルエンザの予防接種での頭痛の症状は、接種後から数日の間にでることが多いです。

その際に頭痛、吐き気、悪寒を感じることがありますが、

これらの副反応は発症してから予防接種から4から5日後にピークになり、数日から1週間くらいでなくなります。

Sponsored Links



インフルエンザ予防接種で頭痛が出た時の対処法!


インフルエンザの予防接種後に急に頭痛がでた場合、
市販の薬には使用してはいけない成分が入ってることがあるので、必ず医師に相談してください。

医師に診てもらうまでは、市販の薬は使用せず、水分補給冷えピタをおでこに貼るなどの方法で対処して、出来るだけ早く医師に診てもらいましょう。


頭痛が出た時の注意点

副反応(発熱、頭痛、痙攣など)の多くは24時間以内に発現しやすいので、接種後1日は体調に注意しましょう。

万が一、 高熱やけいれんなどの異常が出現した場合は、すぐに病院を受診してください。

最後に


インフルエンザ予防接種の頭痛は、抗体を作るためにウイルスと体が戦っているサインだということがよく分かりましたね。

この風邪のような副反応は発症してから数日から1週間くらいでなくなるので、安静にして様子を見るようにしましょう。

私の場合、腕の腫れと強いだるさが毎回起こります。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ