インフルエンザワクチンが効かない理由とは?

インフルエンザワクチンを接種しても、効かないという論が書籍やインターネットに書かれているけれど、本当のところはどうなのでしょうか?

私は毎年受けていて、インフルエンザの予防ができているのではないかと思っているのですが・・。

先生によって言っていることが違うなんて・・。

ここではインフルエンザワクチンの効果は効く・効かない?について、両者の意見をご説明していきます。是非、ご参考にしてみてください。

Sponsored Links


インフルエンザワクチンが効かないって本当?


効かない派効く派に分かれていますのでそれぞれ見ていきましょう。


効かない派の意見



ウイルス学を修め、国立公衆衛生院(現・国立医療保健医療科学院)疫学部感染症室長も務めた医師[母里啓子(もりひろこ)氏]「インフルエンザワクチンは打たないで」 という書籍にはこう書いてあります。


  1. 「インフルエンザは死に至る病 だからワクチンが必要」は嘘です!

  2. インフルエンザはかぜの一種です。「インフルエンザはかぜじゃない」というポスターは、インフルエンザ・ワクチンを打たせるための宣伝です。


  3. 「20~30パーセントは効く」は嘘です!

  4. 衛生研究所で確認した「やっぱりこのワクチンは効かない」というデータがあります。


  5. 「ワクチンは重症化を防ぐ」は嘘です!

  6. 脳症とインフルエンザは別の病気だと考えられます。脳症の原因はまだ分かっていません。厚生省では、1998年、研究班での調査では、ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきりでています。


  7. 「家族や他人にうつさないためにワクチンを」は嘘です!

  8. 結局、インフルエンザ・ワクチンで流行は阻止できないことがわかり、厚生労働省は1994年に集団接種を中止しました。流行を阻止できないということは、すなわち、他人にうつしてしまうことは避けられないのです。

もうワクチンはやめなさい [ 母里啓子 ]
価格:1188円(税込、送料無料)



効く派の意見

22553b9a00ac91fd7e7787d526379752_s
五本木クリニック美容皮膚科の五本木クリニック院長ブログにはこう書いてあります。

  1. 集団予防接種は80%以上の人が受けると有効です!

  2. 個人個人で考えた場合、予防接種は有効です!

  3. 予防接種を行なうことは、行なわなかった人がインフルエンザに感染するリスクも下げます!


子供ほどインフルエンザにかかりやすく、高齢になればなるほど死亡率が高まります


あなたがインフルエンザになった場合、電車で隣に座っている方が妊婦さんだったらどうしますか?万が一、あなたが感染源となって妊婦さんにインフルエンザが感染したら、妊婦さんは抗インフルエンザ薬は勿論のこと、解熱剤さえ服用できません。

妊娠中は免疫力が落ちますので、インフルエンザに感染した場合は重篤化する傾向がありますし、これから生まれてくる赤ちゃんも障害がでることが医学的に報告されています。

「妊娠中にインフルエンザになると、子供が双極性障害になるリスクが上昇なんと約4倍です!」といった障害があなたが原因だったらどうしますか?

インフルエンザの流行時期に予防接種をすることは、社会生活を送る上でのマナーと考えてください。

Sponsored Links



年齢などでインフルワクチンの効果が違う


SARAYA Dr.中野コラムより不活化インフルエンザワクチンの予防効果のデータを紹介させていただきます。


不活化インフルエンザワクチンの予防効果


対象者・国名・指標・有効率になります。

高齢者

日本1) 死亡回避  80%
    発症予防 34-55%

米国2) 死亡回避 80%
入院回避 50-60%
発症予防 30-40%


65歳未満健常成人

米国2) 発症予防 70-90%


小児

日本3) 発症予防 30%前後


1)平成9-11年度厚生科学研究「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」による

2)CDC: Influenza. In; National Immunization Program Pink Book 9th ed ,2006.による

3)平成12-14年度厚生科学研究「乳幼児に対するインフルエンザワクチンの効果に関する研究」による


色んな見解がありますが、私の場合は。


インフルエンザワクチンを受けるか、受けないかは、個人の自由です。

インフルエンザは確かに風邪のひとつかもしれません。予防接種を受けてもかからない確率は100%ではありません。

インフルエンザ=脳症ではないかもしれません。インフルエンザワクチンでは重い副反応が起こる可能性が0%ではありません。


それでも私は、一人でも多くのヒトがインフルエンザワクチンを受けて、インフルエンザ感染予防につながれば一番良いと思います。


高齢者や小児はインフルエンザワクチンを受けても発症予防率は低いですが、周囲の大人や子供が、まずはインフルエンザワクチンを受けて、人込みではマスクをする、帰宅したら手洗い、うがいをして、家庭にインフルエンザを持ち込まないことが、高齢者や小児や赤ちゃんや妊婦さんを、インフルエンザから守ることにつながると思います。

最後に


インフルエンザワクチンは効かない!効く!という意見があることがよく分かりましたね。

私は効く!派なので、昔のように子供は無償で集団接種にしてくれれば、家計が苦しくて予防接種をしないヒトが減ること、また集団で受けることで、インフルエンザの予防につながることを願っています。



Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ