虫刺されのアレルギー反応は2つあるって本当!?

蜂などに刺されたときに起きる痛みや、蚊などの虫に刺された時に起きる痒みは、アレルギー反応であることをご存知でしたか?

蜂はアレルギーもでそうですが、蚊も出ます。かゆいでは済まされない時があります。

年齢などによっても症状の出かたに違いがあるみたです。

ここでは、2つの虫刺されのアレルギーについてご説明したいと思います。

Sponsored Links


虫刺されで出る2つのアレルギー!特徴は?

55371f55583ce37527c0e46c622ebeef_s
虫刺されによるアレルギー反応は、「即時型反応」と、「遅延型反応」の2つのタイプがあります。

  • 即時型反応

  • 虫に刺された直後にかゆくなったり、赤くなったりミミズ腫れが現れたりしますが、数十分で治まります。

  • 遅延型反応

  • 虫に刺されて数時間後に痒みや赤み、腫れなどが出て、数日から1週間ほどで改善していきます。


虫刺されのアレルギーの症状について


「虫刺され」による症状は、大きく「痛み」と「痒み」の2つに分けることができます。

  • 「痛み」は虫が刺した時の「チクリ」とする針の刺激による痛みと、皮膚に注入された物質の作用によって起こります。
  • 「痒み」は虫の毒素や唾液が皮膚に注入されることによるアレルギー反応です。

アレルギー反応と年齢の変化について

この2つの虫刺されのアレルギー反応は、個人差がありますが年齢と刺された回数で変化していきます。

  • 乳幼児期は「遅延型反応」が顕著に起こります。
  • 幼児期から青年期にかけてはどちらの反応も起こります。
  • 青年期から壮年期では「即時型反応」のみ起こります。
  • 老年期になるといずれの反応も起こらなくなります。


虫刺されで代表するアレルギー


虫刺されで代表するアレルギーは2つです。

  1. アレルギー
  2. アレルギー

2つのアレルギーの特徴・対処法を紹介します。

1.蚊アレルギー

特徴

蚊に刺されて、激しい症状を起こすことがあります。「蚊刺過敏症」と言って、EBウイルスというものに感染した人のごく一部に起こる症状です。「蚊刺過敏症」のことを、別名「蚊アレルギー」と言います。

非常にまれな症状ですが、刺された箇所がひどく腫れ、発熱やリンパ節が腫れるなどの全身症状が現れます。

刺された部位は血ぶくれからかさぶた、瘢痕(はんこん、刺されたあと)になります。蚊に刺されて症状が酷い場合は、「蚊刺過敏症」かもしれないので皮膚科の医師に相談しましょう。

対処法


  • 病院では・・・

  • 虫刺されの治療には、抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏などの外用薬のほか、症状がひどい場合に、内服用の抗アレルギー薬が処方されます。

  • 自分では・・・

  • 蚊は家の中や庭や公園、山や草地や川のほとりなどの自然に広く生息しているので、特にアウトドア活動では肌の露出は少なくしましょう。また蚊取り線香を炊いたり、虫除けスプレーを肌や洋服の上からかけて、蚊に刺されるのをガードしましょう。

Sponsored Links



2.蜂アレルギー


特徴

多くはアシナガバチやスズメバチに刺されることで起きるものです。秋のアウトドア活動の最中に被害に遭うことが多いです。

刺されるとまず強い痛みを感じ、すぐに皮膚が赤く腫れます。はじめて刺されたときは、通常1日以内に症状が治まります(即時型反応)。


しかし、2回目以降は、ハチ毒に対するアレルギー反応のために刺された直後からじんましんが出たり、1~2日後に赤く腫れるなど(遅延型反応)を起こします。

アレルギー反応が強いヒトでは、刺されて30分~1時間で血圧低下や意識消失が起こり、場合によっては死に至るため、すぐに病院に連れて行く必要があります。これらの症状を「アナフィラキシーショック」といいます。


対処法


  • 病院では・・・

  • アナフィラキシーショックの治療はすぐに対処を行いましょう。なぜならアナフィラキシーショックの症状は刺された後、1時間以内に起こるからです。15分以内、遅くとも30分以内の治療が必要といわれています。

    アナフィラキシーショックの症状は人によって違いますので投与する薬も違ってきます。


    • 心拍の増加や血圧の上昇を抑えるのはエピネフリンを使います。
    • 炎症の原因であるヒスタミンの働きを阻害するために用いるのは抗ヒスタミン薬を使います。
    • 心臓のショック症状に使うのはβ作動薬を使います。
    • 血糖値を上昇させてショック症状を回避するために使うのはグルカゴンを使います。

    いずれも症状が起きる前に急いで救急車で病院にいくことが大切です。


  • 自分では・・・

    • 一番良いのは蜂がいるような場所に近寄らないことです。

    • 屋外作業や山歩きなど、蜂がいそうな場所に行くときは、蜂を避けるようにしましょう。

    • 黒いバッグや黒いカメラなど、黒い物は持たないようにしましょう。

    • 花柄の服装、花柄のバッグなども避けましょう。

    • 甘い香りのする香水や整髪料はつけないようにしましょう。

    • 顔や首、腕、足など、露出した部分がねらわれるので、長袖長ズボンの服装を心がけましょう。

最後に・・


蚊に刺されて全身がひどく腫れたり、蜂に刺されてアナフィラキシーショックを起こしたときは、すぐに病院に行く必要があることが分かりましたね。

またアウトドア活動では、肌の露出を控え長袖長ズボンを着用して、特に蜂には近づかないように、刺激しないようにすることが何よりも大切です。

虫刺されが治らない!かゆいのが続く原因は?


虫刺されをを早く治したいあなたはこちらをチェック↓
虫刺されの治し方を厳選してまとめました!


体が痛い・だるいあなたはこちら↓
症状・対策などまとめてチェックできます↓
体が痛い・だるい原因を厳選してまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ