RSウイルスの検査は何をする? 保険は使えますか?

RSウイルスに感染したかってどうわかるのでしょうか?
風邪と勘違いされやすいと聞きます。

何か検査をするとは思うのですが、
すぐに結果がわかるのか?費用や保険も気になります。

RSウイルスが流行っているので、いつ我が子に襲ってくるかわかりません。
そして、大人の私も感染する可能性があるみたいです。

今回の記事では、
RSウイルスは病院でどんな検査をするのかを具体的に調べてみました。

Sponsored Links



RSウイルスの検査は何をするの?

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s
RSウイルス感染症の診断は、鼻水のウイルス抗原を検出することが一般的です。この検査はとても簡単で、結果も30分程度で得られます。

検査の方法はこうです。
鼻に綿棒を入れ、粘膜の一部をこすり取ります。それから、モノクローナル抗体の検査キットで、RSウイルスの有無を検査するのです。そこでRSウイルスが検知されれば、RSウイルス感染症ということになります。


子供も大人も検査を受けられますか? 保険は? 費用は?


外来の保険適用は1歳未満の乳児のみと限定されています。

かつてはRSウイルス感染症の検査の保険適応は、入院した時のみでした。

他にも、早産であったり、ダウン症のお子さんなどの場合は保険適応となります。つまりそれ以外は保険適応外だったのです。それが2011年10月から、外来でのRSウイルス感染症の簡易検査での保険適応が決まりました。

先述の通り、1歳未満の乳児のみですが。それ以外の場合は保険適応外となります。ご注意ください。

Sponsored Links



RSウイルス検査の費用


RSウイルス感染症の簡易検査キッドの費用ですが、だいたい3000円程度です。
それに検査の料金、約3000円が加算されます。

ということは、RSウイルス感染症の簡易検査キッド医者にお願いする場合の費用は、保険適応外で合計6000円強かかると思ったほうがいいでしょう。

  1. 簡易検査キッド 約3,000円
  2. 検査料金    約3,000円
  3. —————————————
    合計      約6,000円
RSウイルスのワクチンもありますが、1本8万円ほどするということもあり、現実的ではありません。

病院へ行くタイミングは?

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

次のような症状が現れたら、すぐに医師の診察を受けることをお薦めします。

  • 38℃以上の熱が出る
  • 水分をとろうとしない
  • ひどい咳が出る
  • 顔色が極端に悪い
  • 脱力

風邪と同じような症状ですので、見分けが難しいと思います。
「普段の風邪と何か違う」と思ったら、病院へ行って診察を受けてください。何もなければそれはそれでいいのです。

最後に


RSウイルス感染症には特効薬がありません。

原因が分かっても、対処療法になってしまうようです。脱水状態になると、水分補給も重要になってきます。免疫が弱っている方のがかかると、気管支炎や肺炎へと悪化していくリスクもあるようです。

何よりもまず、RSウイルス感染症ならないように気をつけましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ