ウイルス性胃腸を完治させる情報をまとめました!

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s

冬になると流行りだすウイルス性胃腸炎。ノロウイルスやロタウイルスなど、一度は病名を耳にしたことがあると思います。

これらは感染力が強く嘔吐や下痢などの症状が酷いことで有名です。

そのうえウイルス性胃腸炎は直接病原菌に作用する薬もないと言われています。

もし万が一感染しても慌てないよう、ウイルス性胃腸炎を完治させる情報をまとめてみましたので参考にしてみてください。

Sponsored Links


ウイルス性胃腸炎の症状は軽い時からコレを注意!?


ウイルス性胃腸炎は一種類ではなく複数の種類があり、そのウイルスによって症状・特徴・対処法が違います。
ウイルス性胃腸炎の種類別の「嘔吐・下痢・発熱・腹痛」の症状を知ることで、適切な対処ができるかと思いますので、是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎の症状は軽い時からコレを注意!?


ウイルス性胃腸炎の食事はいつから?おすすめ3選!


嘔吐や下痢の症状が酷いのがウイルス性胃腸炎。嘔吐が治まってきたら、そろそろ食事ができると思います。
そんな時に食べやすい「胃腸が弱っている時のレシピ」を3点ほど選んで載せてみました。
是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎の食事はいつから?おすすめ3選!


ウイルス性胃腸炎の感染する期間はいつまで?


ウイルス性胃腸炎には潜伏、発症期間があります。ウイルス性胃腸炎の病原菌は症状が治まっても1~2週間糞便のなかに混在しています。二次感染を防ぐためにも、感染期間に関する情報はよく読んで生活するようにしてください。
感染期間や予防法をまとめてみましたので、是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎の感染する期間はいつまで?


ウイルス性胃腸炎の原因はストレスではない!?


よく「ストレスで胃が痛い」なんて言いますが、ストレスと胃にはどんな関係があるのでしょうか?
ストレスを受けると人は交感神経が乱れ、免疫力が低くなると言われています。免疫力が低くなることでウイルス性胃腸炎に感染してしまうのです。
ストレスとウイルス性胃腸炎の関連性についてまとめてありますので、是非ご参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎の原因はストレスではない!?


ウイルス性胃腸炎の潜伏期間はうつるって本当なの!?


ウイルス性胃腸炎は感染してから発症するまでに少し時間があります。この時間を潜伏期間と言います。
潜伏期間や発症期間、完治までの期間はウイルスの種類によって違います。
潜伏期間についてまとめてありますので、是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎の潜伏期間はうつるって本当なの!?


ウイルス性胃腸炎は大人は長引く?もしかしてノロ!?


大人が感染するウイルス性胃腸炎の大半はノロウイルスです。子供が感染するウイルスはロタウイルスなので種類が違います。子供より病気の期間は短いのですが、大人の方が症状は重いようです。
これらのことについて詳しくまとめてありますので、是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎は大人は長引く?もしかしてノロ!?

Sponsored Links



ウイルス性胃腸炎で仕事の復帰はいつから?休むべき理由は?


ウイルス性胃腸炎に感染すると、子供であれば学校を、大人であれば会社を休まなければいけません。その理由は、二次感染を防ぐためです。ウイルス性胃腸炎は非常に感染力が強いので、周りの人にうつさないように注意して生活することが大切です。
仕事復帰や二次感染の内容についてまとめてありますので是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎で仕事の復帰はいつから?休むべき理由は?


ウイルス性胃腸炎で熱が出た!39度も出るの!?


ウイルス性胃腸炎の主な症状に「発熱」がありますが、発熱は体が病原菌をやっつけるために体温を上げて病原菌を撃退する正常な身体の反応の一つです。39度でるのは免疫力が高い証拠でもあります。
ウイルス性胃腸炎の発熱について詳しくまとめてありますので、是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎で熱が出た!39度も出るの!?


ウイルス性胃腸炎の薬で処方薬は何がある?


ウイルス性胃腸炎に直接作用する薬はありません。しかし、ウイルス性胃腸炎によって引き起こされてる症状を軽減するために薬を服用することはあります。ウイルス性胃腸炎と薬についてまとめてみましたので、是非参考にしてください。

ウイルス性胃腸炎の薬で処方薬は何がある?


最後に


ウイルスは目に見えないので、いつ感染するかわからない病気でもあります。しかも特効薬がないとか…。

でも、ウイルス性胃腸炎を詳しく知っておくことで、ウイルス性胃腸炎の予防方法、万が一感染しても慌てず適切な対処ができると思います。

しかし、自己判断すぎるのは禁物です。水分が取れないような状態などには、無理せず病院に行き医師の診断を早めに受けるようにしましょう!


お腹が痛い原因を厳選してまとめました!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ